舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第21回は佐藤隆紀さんが植原卓也さんを指名! 『』本誌(2017年11月14日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から佐藤隆紀、植原卓也 撮影/伊藤和幸

『キューティ・ブロンド』の地方公演で、イタズラ合戦がすごかった(笑)

――『キューティ・ブロンド』の地方公演で泊まったホテルの部屋で、おふたりはパジャマパーティーを行っていたそうですが、どんな話をしてたんですか?

植原 いろんなパターンがありましたよね。

佐藤 真面目な話、芝居の話をするときもあれば、しょうもない話をするときも。

植原 あの……もう僕とシュガーさんといったら、このエピソードしかないぐらいのやつ思い出しました。

佐藤 何? 何?

植原 『キューティ・ブロンド』は地方公演の移動のときに段ボール箱で私物を次の場所まで運んでいただいたんです。みんな同じ大きさの段ボール箱に、メイク道具とかジャージとかパンパンに入れるのですが、そこに僕が持っていたかわいいぬいぐるみを、毎回、気づかれないように相手の段ボール箱に忍ばせるというイタズラを二人でやっていて。

佐藤 アハハハハハ! そのイタズラがね、すごかったんですよ。

植原 二人でやり合ってるのに意外と忘れていて、段ボールを開けて荷物を出していると、とても奥のほうにシュガーさんが入れていたぬいぐるみが出てきたり。逆にシュガーさんの段ボールからぬいぐるみが出てくると、ガッツポーズするというような(笑)。千秋楽まで、毎回やってましたよね。

佐藤 そうだね。あと、楽屋に置いてるメイク道具や化粧品とかいろんな小道具を全部裏返して置いておくっていうもやったね(笑)。

植原 一番ひどいときは座るイスも逆でした(笑)。

佐藤 いつもはやらないんですよ、そんなこと(笑)。

植原 僕も先輩相手に普通はしないですよ。シュガーさんが笑って許してくれるからできたんです。

佐藤 ホントに楽しくて、公演中はもうずっと一緒にいたようなイメージですね。そのぬいぐるみは、ふたりのサインと“また舞台で会おう!”って書いて、僕がちゃんと保管してるんですよ。