直撃取材に対し藤島氏は終始、ヘルメットをはずすことはなかった

あまりにも彼の態度がひどいです。長年騙し続けられたうえに別れ方もひどかったので、A子はうつ病になってしまいました……

 怒りを隠せない様子で話すのは、漫画家の藤島康介氏と15年もの間、同棲状態にあったA子さんの友人。昨年6月29日に人気コスプレーヤーの御伽ねこむとのデキ婚が発覚した藤島氏だが、そのカゲには彼を信じ続けた“婚約者”がいた。

当時、藤島氏が51歳、御伽さんが20歳で、“31歳差婚”にマンガ・アニメ業界は騒然としました。藤島氏の代表作『逮捕しちゃうぞ』はドラマ化されていますし、『ああっ女神さまっ』は発行部数2000万部を超えるヒットを記録。アニメ化や映画化もされています。

 御伽さんはアニメやゲームのキャラクターと同じコスチュームでグラビアなどで活躍していました。Jカップというグラマラスなスタイルもあって、若い男性に大人気でしたからね」(アニメ誌記者)

 親子ほど年が離れているが、積極的だったのは御伽のほうだったという。

「御伽さんは以前、ウェブサイトのインタビューで“人生でベスト1位の漫画”に藤島先生の『ああっ女神さまっ』を挙げていました。タイプの男性については“絵がうまい人”とも発言していましたね。親子ほど年が離れていても、彼女にとって藤島先生はまさに憧れの存在だったんでしょう」(ゲーム業界関係者)

 デキ婚が発覚してからたった1か月ほどで出産したことも世間を賑わせたが、『』はその直後、藤島氏に離婚経験があったことも報じている。

 自宅を訪れて、成人した子どもがいるという話についても直撃取材してみたが、「もう離婚しましたので……」と言葉を濁されてしまった。

 しかし取材を進めるうちに、前妻との長い別居生活を経ての離婚、そして御伽との再婚に至るまでの間にもうひとり、15年間連れ添ったという女性の存在が浮上した。それが将来、結婚を約束していたA子さんだ。'01年から'16年まで、藤島氏は彼女の住む福岡にマンションを借りて同棲していたという。

マンガ編集者との打ち合わせにも同席

「ふたりが出会ったのは20年近く前。お互いが好きな小説家のネット上のファンサークルで知り合い、藤島さんから積極的なアプローチがあったそうです。

 A子は彼のファンというわけではなかったんですが、優しさに惹かれたと言っていました。彼は川崎市に住んでいましたが、月に20日は福岡で暮らすように。

 藤島さんがA子の職場まで迎えに行って、食事をして一緒に帰るといった毎日だったそうです。マンガ編集者が打ち合わせのために福岡に来るんですが、そのときも藤島さんに言われて彼女が同席していました」(前出・A子さんの友人。以下同)

 A子さんの職場旅行に藤島氏がついていったこともある。彼女の親戚と食事した際には、結婚について“もう少ししたら”と話していたという。海外出張にも同行していて、周りからも実質的なパートナーだと認められていたらしい。