ヨガで疲れ知らずの身体を作る

ヨガのポーズと呼吸

 ヨガではポーズのことをアーサナ(asuna:坐法)といいます。なぜヨガでは、このアーサナというポーズをとるのでしょうか。

 その理由は、瞑想に入りやすくするため。詳しくはのちにご紹介しますが、体が良い状態でなければ、心も集中できないということです。ヨガの古典的な流派の一つであり、現在よく行われているヨガのベースであるハタヨガでは、アーサナを中心に肉体にフォーカスしています。

 ハタヨガのハタとは太陽(ハ)と月(タ)(陽と陰の結合)を意味しているように、ハタヨガでは前後・左右・上下いずれの動きもバランスよく行います。

 さらに、自然な呼吸を合わせて連動しながら動くので、本来の自然な動きと感覚が神経を通じて脳にインプットされます。アーサナは坐法という名前の通り、じっと座ったまま瞑想できるように肉体を整えます。

 加えて、プラーナというエネルギーが全身を巡り、チャクラというパワースポットが活性化するように様々なポーズがあります。

当記事は「BUSINESSLIFE」(運営:ビジネスライフ)の提供記事です

 ヨガの呼吸法には、声帯を締め上げて音が出るようなものや、交互に片方の鼻を指で塞いだり、息を止めたりといった、様々な種類があり、それぞれに意味があります。ヨガで呼吸が整うと、全身に酸素がいきわたります。そうすると気持ちの面にも変化が生まれて、自律神経のバランスが整います。

 このようにポーズと呼吸法によって体と心を整えていくのです。

 さらに、アーサナとアーサナの間に、小休憩のようなポーズが入るのもヨガの特徴です。ヨガのレッスンで最後に行われることの多いシャヴァアーサナ(屍のポーズ)もその一つです。

 このポーズは、偏った自律神経に本来の波を取り戻す作用があるといわれています。普段、疲れすぎていたり、緊張しっぱなしだと、リラックスしようと思っても、中々できるものではありませんよね。

 そんな時は、自律神経のうち、アクセルに相当する交感神経をあえて刺激しながら動いていく。その後、シャヴァアーサナでリラックスすると、頭は冴えているのに体は完全に緩まり、深いリラックス状態を得ることができます。