アンタッチャブル柴田英嗣

猫や犬に対する虐待、殺処分など、『Estigmas』でも度々報じてきた動物にまつわる社会問題について、動物好きとしても知られるアンタッチャブル・柴田英嗣さんにご意見を伺った。動物愛護には賛意を示す一方、“動物と人間との共存は不可能”だと柴田さんが語る理由とは?

——今回は、動物虐待を巡って最近報じられた3つのニュースを取り上げながら、柴田さんにご意見を伺っていきたいと思います。テレビなどで動物好きの一面を見せることも多い柴田さんですが、いつから動物に関心を持たれるようになったんですか? 何かきっかけはあったのでしょうか?

柴田:高校生の頃からですね。カバがもう気になっちゃって。ほかの動物はみんなサバンナで強そうだし、それなりに格好良く進化しているのに、あいつだけ急にダサいな、と思って。

 そこからの枝で、ライオンはカバを襲わないとか、そのライオンはキリンに殺されることもある、というようなことをその都度調べて、数珠つなぎに知っていったという感じです。

——犬や猫が好きで飼われていたというわけではないんですね。

柴田:犬や猫も飼っていたことはあるんですけどね。だけど、飼いたくて仕様がないとか、動物にベタベタ触りたいとか思ったことはないんですよ。むしろ、できればあんまり絡みたくないですね。猛獣とか怖くて仕様がない。だから、ムツゴロウさんとは違うラインですね、僕は。

 ただ、研究のために触るんですけどね、結局。動物さんには申し訳ないけど、いったん触らしてねって。

——動物もお笑いもガンガンいく系なんですね。いま一番関心があるのは、どんな動物ですか?

柴田:いま興味があるのは、お猿さんかな。小さいのから大きいのまで、色んな種類のがいたりするんですけど、なかにはすごい角刈りのやつもいたりするんです。そいつはどこかから分かれて、角刈りであることを選んだわけですよ。角刈りであることが大事だと思ったから。だけど俺が見たところ、何も大事じゃないんですよ。

 あとはキンタマが真っ青なやつもいますよ。めちゃくちゃ綺麗です。そのブルーさは、ラッセンでは出せないブルーです。木の間に隠れてカラダはよく見えないのに、真っ青なキンタマだけ見えているんですよ。見つかるぞっていう話なんですけど。でもそれを選んできたわけじゃないですか。それが不思議で仕方がない。

——なぜそれを選んだのか気になりますね。

柴田:メスへのディスプレイが大半なんですけどね。でも、そこでアピールする必要ある? っていう。もうちょい違う色でも良かったんじゃないかなって思うわけですよ。