舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第22回は植原卓也さんが太田基裕さんを指名! 『』本誌(2017年11月28日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から太田基裕、植原卓也 撮影/廣瀬靖士

――おふたりが共演した『スカーレット・ピンパーネル』の地方公演で一緒に食事に行ったそうですが、ハロウィーンの仮装した人たちに囲まれて何を熱く語ったんですか?

植原 どういうお芝居をやってみたいとか、どういうステージに立ちたいとか、今の自分にはこういうのが必要だと思うとか……。

太田 話したね。

植原 うん。『スカピン』のメンバーの中で真面目な話ができるのは、もっくんだなって思って(笑)。

太田 アハハハハ! でも、一番たっくんが真面目だったんだよ。

植原 そんなことないよ。ちょうど『スカピン』のトークショーの直後だったのかな。僕が急に話し始めて。そのトークショーで、もっくんがすごくトークが上手で、「ああいうとき、どういうスイッチ入れてるの?」とか聞いたり、けっこう現実的な話をして。

太田 たっくんは、すごく自分の中のプランとか責任感もあるし、ホントに真面目だから。そういう場での居方(いかた)って難しい。役のスイッチを入れるべきか入れないべきか……とかさ。入れる人は入れるしね。

植原 スイッチが入るとね~。

太田 そうそう、変なスイッチが入っちゃう人もいるし、それがよかったりするわけだから、それぞれの価値観だからね。わざとボケたりとか。

植原 そこが器用だったんです。空気を読んで両方いける感じが、もっくんはすごかった。ピンパーネル団のメンバーのキャラクターが、すごく盛り上げる人としっかり芯を貫く人という感じで分かれていて、その両方に上手く対応してて。

太田 いやいやいや(笑)。細かいことかもしれないけど、そういうことをしゃべれるような関係ではあったよね。