自転車を押している男性は平野容疑者宅の前の道を通してもらえずに引き返した(写真は近隣住民提供)

 周辺住民と共有する私道。わきには水路が流れ、駅に行くにはこの道を通らないとかなり遠回りすることになる。

「私は悪くありません」

 その私道近くに白いペンキで「私有地」と書き、通行を妨げていた“通せんぼおじさん”こと無職の平野保生容疑者(79)が今月8日午前7時6分、現行犯逮捕された。

傷害の容疑での現行犯です。自転車で通行していた20代男性に対して、通行できないよう身体で防ぎ、自転車を倒しました。被害者はひざなどの打撲で全治10日のケガです。警官が駆けつけた時も被害男性の胸ぐらをつかんで、フェンスに押しつけていましたからね」

 と大阪府警西堺署。

「逮捕される2か月前だから、9月から11月にかけて20件くらい平野容疑者に対する110番通報がありました。(容疑を)まったく認めていませんよ。“私の私有地に勝手に入り通行しようとしたので立ちふさがっただけです。私は悪くありません”とずっとこればっかりです」

容疑者の自宅

 平野容疑者は2015年にも私道に植木鉢などを並べ通行を妨げたとして妻とともに往来妨害容疑で逮捕されている。妻も「私有地」に対するこだわりは根強く、

「“通りたいんやったら金払えや”って感じでしたね」

 と、捜査関係者の記憶は鮮明だ。

 近所の住民も、トラブルの経緯をしっかり記憶している。

「判決が出たのが昨年の11月17日ですね。1年2か月の懲役で執行猶予5年になったんですよ。だから今回は実刑だと思うんですけど」

 と近所の主婦。トラブルメーカーの逮捕に胸をなでおろす。