恩納村の死体遺棄現場に設けられた献花台。通りがかりに手を合わせていく人の姿も

「出勤中、恵美ちゃん(仮名)に会うといつも“おばちゃん”と手を振って挨拶してくれて、私もそれに“おう”と答えるのが日常でした」

 と、話すのは、生前の仲村恵美さん(享年20)=仮名=と親交のあった當山淳子さん(70代)=仮名。

元米軍海兵隊員

「恵美は孫のような存在でした」と、當山さんは指先で目頭を押さえた。

 恵美さんは昨年4月28日、同居していた交際相手に「ウォーキングに行く」と連絡したのを最後にうるま市の自宅から行方不明になった。

 事件が大きく動いたのは同年5月中旬。沖縄県警は18日、米軍嘉手納基地で働く軍属の男を任意聴取、19日、男が供述した恩納村の雑木林の中から変わり果てた姿の恵美さんが見つかった。警察は同日、死体遺棄の疑いで男を逮捕した。

 男の名前は、シンザト・ケネフ・フランクリン。

 シンザト被告はアメリカ・ニューヨーク市の出身。2007年から'14年まで、米軍海兵隊員として沖縄県内などで勤務した。除隊後、一時帰国していたが再び日本へ。沖縄出身の女性と結婚し、シンザト姓を名乗るようになった。

 シンザト被告の住まいは、事件現場から南に約20キロ離れた沖縄本島南部の住宅地。義父がリフォームした妻の実家に事件の少し前に引っ越し、妻と生まれたばかりの子どもとの3人暮らしだった。

「被告らしき男性が義理のお母さんと一緒に子どもを連れて仲よさそうに買い物をしているのを見た人がいました」(近隣住民)

 事件後、シンザト被告の妻と子、義父母はどこかに引っ越し、建物は売りに出された。

 沖縄で仕事を見つけて結婚し、子どもも誕生、何が被告を凶行に導いたのか。

 恵美さんの学生時代を覚えている男性は「可愛くて、とてもまじめな子。絶対に許せない」と憤りを隠さない。「お年寄りにも親切だった」と振り返る女性もいた。

 保育園から中学校まで同級生だった大城さやかさん=仮名=も回想する。

「ときどきテンションが高いときもあったけど基本はおとなしくて天然。いつも場を和ませてくれました。人のことを悪く言うこともないし、みんなに優しく接してくれた」

 恵美さんと2人、小学校の帰りに遊ぶのが日課だった。「ジャニーズが好きでDVDを見たり、雑誌を読んだり。毎日たくさん話して、時間はいくらあっても足りなかった」