聴導犬として活躍したレオン。現在は引退し、ユーザーさんと暮らしている

 あなたは、捨てられた犬と人との奇跡を信じますか? 『聴導犬のなみだ』(プレジデント社)の著者・野中圭一郎さんは、耳が聞こえない人のお手伝いをする「聴導犬」とユーザーさんの固い絆と、深い信頼関係をつぶさに見てきた。パートナーとなった彼らの感動物語を、野中さんに聞くーー。

               ◇   ◇   ◇

 みなさんは「聴導犬」という言葉を聞かれたことはありますか? 

 最近、テレビなどでも取り上げられ、知名度もあがってきましたが、それでも目が見えない人をサポートする「盲導犬」に比べると、まだまだ低いのが現実ではないかと思います。

 聴導犬とは、耳が聞こえない人をサポートする犬のことです。

お互いの信頼関係が必要

 たとえば朝、起きようと目覚まし時計をセットしていても、耳が聞こえない人は気づくことができません。宅配便がきても玄関のチャイムに気づけないし、お湯が沸くやかんの音に気づくこともできません。

 そんなとき「音が鳴っているよ!」と教えてくれるのが、聴導犬なのです。

 15年ほど前、聴導犬の訓練風景を取材させていただく機会がありました。「チョウドウケン?」というくらい認知されていない時代の話です。

 訓練は小さな部屋で行われていました。訓練犬であるシェパードの、障がい物を乗り越えたり、ハンカチの匂いを嗅いだりする訓練風景を取材した直後だったこともあって、まさに「静謐(せいひつ)の世界」そのものでした。

 以来、そのことが心の片隅に引っかかっていたのですが、昨年のこと。小さな道路を歩いていて何気なく後ろを振り返ると、すぐ真後ろに車がいるという経験をしたのです。

 エンジン音がしない、ハイブリッドカーでした。「うわっ、危ない!」と思わず脇に逃げましたが、このとき「耳が聞こえない人は、日々、こんな怖い思いをしながら暮らしているのだ」と、ハッとしたのです。それが本書を執筆する直接のきっかけになりました。

 聴導犬は、訓練施設が保護センターで保護されていた犬を引き取り、訓練士のもと聴導犬として育てられます。約2年の訓練後、耳が聞こえない飼い主(=ユーザー)と一緒に試験を受け、合格後、ユーザーに引き取られて、一緒に暮らすことになるわけですが、そこではお互いの信頼関係が必要になってきます。

 一方的に仕事を頼んでも働いてはくれません。飼い主に「音を教えてくれてありがとう」と褒められたり、愛情を持って世話をしてくれるという深い信頼関係があるからこそ、喜んで「音」を教えてくれるのです。

 聴導犬の取材を重ねていくうちに、一般的な知識だけでなく切実な現実も知ることになります。

 たとえば耳が聞こえないユーザーは、朝、聴導犬に起こされて目覚めます。部屋でも一緒ですし、外出する際も一緒。文字通り、お互い深い愛情に包まれて生活しています。そのこと自体には何の問題もありません。