ミュージカル『マタ・ハリ』が来年1月、幕を開ける。日本初演の話題作でヒロインの恋人・アルマンを演じるのは、2・5次元舞台で大人気の若手俳優、東啓介さん。現在、ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』でグランドミュージカル初挑戦中の彼が、さらなる大役に挑む。

東啓介 撮影/森田晃博

うれしいですけど不安もあります

「『スカーレット・ピンパーネル』もそうなんですけど、こんなにも大きな作品でミュージカル界の先輩方と共演できるっていうのはすごくうれしいですね。それと同時に、こんなに早く決まっちゃっていいのかっていう不安もあります。

 特に『マタ・ハリ』は、加藤和樹さんとWキャストということでプレッシャーを感じていますけど、魅力あるアルマンを作りあげていくことができたらと思います。加藤さんは、デビュー作『テニミュ』の先輩でもありますし、ミュージカルでもいろいろな舞台に出演されている方なので、緊張しますね」

 女スパイ、マタ・ハリと運命の恋に落ちる青年アルマンとは?

「戦闘機のパイロットで、根はまじめで純粋な男だと思います。上官のラドゥー大佐の命令で、本当はしたくないことをしなくちゃいけないとか複雑な思いを抱えていたりもするので、そこはマタ・ハリとの共通点でもあるんじゃないかな。マタ・ハリはスパイでありながらも普通の女性でありたいと願っている人だと思う。女性としての魅力に惹かれて支えたいというか、彼女が日常の生活の幸せみたいなものをアルマンと一緒に味わっている姿を劇中で見せられたらいいですね」

 マタ・ハリのようなミステリアスな女性は?

「惹かれる人も多いと思うんですが、僕自身は、わかりやすい人のほうがいいかな(笑)。ミステリアスな人だと何を考えているかわからなくて、思いを共有できないから」

 マタ・ハリを演じるのは、宝塚歌劇団のトップスターとして数々の名作を残し、退団後もミュージカルを中心に活躍する柚希礼音(ゆずき・れおん)さん。

「まだお会いできていないんですけど、男役をされてたっていうのもあってカッコいい方っていう印象がありますね。柚希さんが引っ張ってくださる『マタ・ハリ』に吸収されて動きたいなと思ってます」

 今作の楽曲が『スカーレット・ピンパーネル』『ジキル&ハイド』などで知られるフランク・ワイルドホーンなのも見どころ。

「1曲聴いただけでも、その作品のストーリー性がわかるような楽曲。1度聴いたら耳に残るメロディーが多くて、僕はすごく好きだし素敵だなと思います」