怪しい旅のガイドブック!? 『日本昭和珍スポット大全』が話題の金原みわさん 撮影/吉岡竜紀

 珍スポットと呼ばれる場所がある。ディズニーランドやスカイツリーのように誰しもが楽しめる場所ではなく、ひと癖もふた癖もある観光地だ。有名なところだと、秘宝館や地獄めぐり。個人で作っているスポットが多く、チープだったり、エロかったり、怪しかったり、怖かったりして、万人受けする場所ではない。でも、ちょっと足を運んでみたくなる、不思議な魅力をもっている。

 そんな珍スポットにハマってしまった女性がいる、金原みわさんだ。人呼んで“珍スポトラベラー”。なんと1000件をゆうに超える数の珍スポットを、ひとりで訪れているのだ。ウェブメディアや紙媒体、トークイベントなどで日本中の珍スポットを紹介し若者を中心に人気を集めている。

会社辞めて珍スポをめぐる旅へ出る

 彼女はなぜ珍スポットにハマったのだろうか?

「もともと旅行好きだったんです。学生時代は四国一周や九州一周なんて『一周系』の旅行をしていました」

 そんな、みわさんの運命を変えたのは、淡路島にある1軒の珍スポットだった。

「『ナゾのパラダイス』という秘宝館的な場所に会社の同僚と遊びに行ったんです。館内には巨大な木製の男根様がたくさん並んでいたり、動物の剥製(はくせい)がこれでもかってぐらい置かれていたり、とにかく怪しい雰囲気満載だったんです。私はもう一気に虜(とりこ)になりました。同行していた会社の同僚は“ちょっと気分悪くなってきた……”と言って外に出ちゃいましたけど(笑)」

 金原さんは当時、薬剤師。平日は普通に働き、週末に珍スポットを回った。

最初は週末だけで満足してたんですけど、それでは物足りなくなっちゃって仕事を辞めることにしました

金原みわさん 撮影/吉岡竜紀

 辞めた後は貯めたお金で自動車を買い、旅に出た。あらかじめインターネットなどで調べた場所を訪ねていくのだが、道の途中で面白そうな場所を見つけたら立ち寄るようにした。食事も普通の場所ではとりたくない。ボロボロの純喫茶や、いかにもクセがある個人経営の居酒屋などを探した。お風呂も、温泉は珍スポットが多いので、なるべくひなびた場所を選ぶ。

 そして最後は、マイ自動車で車中泊をする。1日平均5件の珍スポットを訪ねた。1年間で軽く1000件を超えた。

「珍スポ巡りの日々は、とにかくすごいお金が減っていくんですよ。ほとんど収入がないのに旅行してるんだから当たり前なんですけど(笑)。車中泊も何日も続くとドンドン体調が悪くなっていって。咳(せき)が止まらなくなって、珍スポットの店主に風邪薬をもらったこともありました。たまにホテルで寝るとすごい癒されます。本当に布団って身体にいいものなんですね!

 そんな体調でひとり自動車を運転しているのだから大変だ。珍スポットは山の中にあることが多い。男根様が祀(まつ)られている山奥の神社に行く途中に沼にハマって立ち往生してしまったこともあった。命がけで珍スポットを回っているのだ。