ディーン・フジオカ 撮影/伊藤和幸

もし錬金術が使えたら? それはもう、どんなに長いセリフも1度読んだら覚えて忘れない“脳みそ”を作るでしょう!(笑)

 そう冗談を言っては爽やかな笑顔を見せるディーン・フジオカ(37)。撮影で外に出ると大きく伸びをし、

「あ~気持ちがいいですね。今日はずっとスタジオの中にいたので久しぶりに外に出ました。解放感がすごいです!」

 と、思わず“素”の表情が。ディーンといえばやっぱりその柔らかな表情が印象的だが、映画『鋼の錬金術師』では笑顔を封印! 軍のトップに上りつめる野望を持つ若き将校・マスタング大佐を演じている。

軍人ということで、増量や体格作りはもちろんですが、日常的に軍事に関わってる人間としての所作を身につけるために、元自衛官の方に敬礼の仕方や立ち居振る舞いを訓練していただきました。最初、ビデオで拝見したんですが、すごいハードコアだな……と。でも実際にお会いしたら優しい方だったので安心しましたね(笑)」

 以前、ボクシングやテコンドーなど格闘技が趣味と明かしていたが、

「今回演じた大佐は、指を弾くとその先から炎を出すんですが、その動きはどこの力で腕を支えるかコツがあって。そのときにこれまでやってきた格闘技の経験が生かされました」

 と振り返る。

 劇中には強烈なキャラクターも多く出てくるが、中でも“色欲”の名を持つ美しい姿をした“ホムンクルス(人造人間)”のラストを演じた松雪泰子のビジュアルは衝撃だったとか。

あまりにもその姿がリアルで最初は怖くて話しかけられないほどでした。あとすごく妖艶でセクシーな衣装なので目のやり場に困ってしまって……(笑)。その存在感、そしてご本人の役作りはさすがだと学ぶことも多かったです」