ジャニーズやK-POPをはじめとした、日韓のアイドルの応援を日々の生きがいとし、気づいたらとある現場でトップヲタクになっていた<男子>大学生・あくにゃんのコラム。
イラスト/びーえいち

 

〈第三声〉
アクセサリーとアイドル
~「モテ」を意識するお年頃?~

 先日、私の推しでもある2000年生まれ17歳の井上瑞稀氏(HiHi JET)が、軟骨にピアスを開けて番組に出演し、話題となりました。(イヤーカフ説もある)

「ピアスすらしていなかったのに軟骨だと!?」といった意見をはじめ、SNS内では、ファンの様々な意見で賑わっていましたが、面白かったことは肯定派と否定派にくっきりわかれていたことです。

 ピアス問題を通し、Jr.担の人々が直面する成長への喜びと悲しみ、そしてJr.の成長について考えていきたいと思います。

 たかがピアスと思った方にこそ、続きを読んでいただきたい。

 まずはじめに、私は16歳から18歳の下あごが発達する前の少年に最も価値を見出しており、かつ私にとっては専門的な分野(←なんの)であることを述べさせていただきます。

 この時期は、急に手足が伸びてしまうせいで、自身の身体の可動域が分からずダンスが下手になることや、エラが張ってきたり、あごが伸び始めたり、肩幅が広くなったりと、かわいさが徐々に薄れていく時期でもあります。

 しかし、同時に彼らが「男性性」を獲得していく時期でもあります。
 ただの少年が急に「モテ」を意識しだしたり、チャラくなったり、プライベートでの変化でありながら、舞台上の彼らにも大きく影響してくるため非常に面白いです。

 そしてこの背伸びをする時期に見られる傾向の1つが、まさにピアスです。

 ほかにも、急激に筋トレをしだす者。今までと違った系統の格好や、高めのブランド物に手を伸ばす者。そして、アクセサリーで身を固める者などが現れます。

 ※おもしろいことに、非都会の男子が、芸能高校に進学するパターンの時、
  上述の傾向がより強く表れやすくなります。(自論)

 背伸び具合がたまらなくかわいいとともに、昔の姿からは、少し切り離された彼が見えるため、残されたファンたちには少し悲しさや、置いてきぼり感があります。

 今回の井上瑞稀氏の件も、彼自身の成長の中では軟骨にピアスくらい普通のことなのでしょうが、ファンからすれば「え、もう!? まだ学生だよね!?」と、両者には時差があります。