甘いアイテムは1か所が鉄則! 右のコーデはNGです

 秋冬ファッションも春夏に引き続き、袖コンシャス、総レーススカート、花柄プリントなど、女性らしいディティールを持った“甘い”アイテムが人気です。着るだけで華やさや女性らしさがアップするスウィートファッション。

 もう若くないから……と、あきらめることはありません! とはいえ、若いころと同じ着こなしでは“イタイ人”になってしまう危険性が……。いったいどうしたらすてきに着こなせるの!? ということで、先日『おしゃれな大人のスウィートコーデ』を出版されたスタイリストの福田栄華さんに、着こなしワザを聞いてみました。

ズバリ、大人スウィートの鉄則を教えてください!

「まず、甘いアイテムを取り入れるのは、1か所だけにしましょう。甘い服が好きな人にありがちなのが、全身を“甘×甘”で固めてしまうこと。たとえば、総レースブラウスに、淡い色のフレアスカート。手にはブランドのミニバッグを持ち、足元はリボンつきのヒール靴というコーデ。こんなふうに全身を甘くまとめてOKなのは20代まで。

 30代後半以上の大人の女性なら、ポイントを絞って取り入れるのが正解です。たとえば、全身をシンプルにまとめてビジューつきのキラキラシューズを主役として履くスタイル。総レーススカートをメインに、他は辛口の色でまとめるのもおしゃれです」 

服を買うときの注意点はありますか?

「甘めのディティールが、顔から離れた位置にあるものを選ぶようにしましょう。スウィートファッションが好きな人は胸元まわりにレースやフリルがついたファッションを選びがちですが、甘いトップスって大人の女性には難易度が高いんです。顔が年をとっているのに服は少女っぽいと、ちぐはぐした印象になるんですね。

 背中や袖口にリボンやフリルがついているものであれば、顔から離れた位置にあるので違和感なく取り入れられます。あと、ボトムスに甘いアイテムを持ってくるとほどよくかわいくなるので、花柄スカートやフレアスカートを取り入れるのもおすすめ。もっとも注意すべきは丸襟! 子どもっぽい印象になりがちなので避けて。娘とアイテムを共有するのもNGです」