容疑者が住んでいたマンションの入り口には警察官の姿が

「朝にゴミを出すのを見るぐらいで、町内会にも入ってへんみたいやし、全然、付き合いもないからわからんなぁ」

 と、近隣の70代の女性は首をかしげる。

自ら交番に出頭

 事件現場となったマンションの所有者は渋い表情で、

「毎月、うちまで(家賃の)お金をもってくるんやけど、遅れることもあったし、どうにか払っていた感じやったわ。会うたびに“生活保護が減らされた”“児童手当が減らされた”って嘆いとってね。7月に3万円払ったのを最後に、ずっと滞納しとるんですわ」

 11月20日、大阪府寝屋川市の高柳交番に、ひとりの女が出頭してきた。

「午前9時半ごろ交番を訪れ、1992年から'97年にかけて4人の子どもを産み、その子どもをポリバケツに入れ、セメントを流し込んだと話した」

 と捜査関係者。出頭を受け自宅を捜索したところ、供述どおりに押し入れの奥から4つのポリバケツが出てきた。

 大阪府警は同21日、確認できた1人の遺体を遺棄したとして、その女、同市在住のアルバイト、斉藤真由美容疑者(53)を死体遺棄容疑で逮捕した。

 斉藤容疑者は'15年夏ごろ、現在住む3階建てのマンションに息子と2人で引っ越してきたが、以前はそこから約2キロ離れた同市池田旭町のアパートに住んでいた(現在は取り壊され更地)。

 当時は2人の息子と3人暮らしの“シンママ”だった。