舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第23回は太田基裕さんが鳥越裕貴さんを指名! 『』本誌(2017年12月12日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から鳥越裕貴、太田基裕 撮影/森田晃博

――舞台『弱虫ペダル』の第1作から出演なさっているおふたりですが、独特の演出は、最初は大変でしたか?

鳥越 僕らも初演の幕を開けるまで、正解がわからんかったよね。これどう見えるんだろう? っていう。それに、僕は大きな舞台に立つのは『ペダステ』が初めてぐらいだったんで。

太田 プレッシャーもあったしね。一生懸命であったことは間違いない。

鳥越 うん。部活みたいだったよね。

太田 俺、学生時代に部活やらなかったんだよね。部活ってあんなにキツイんだ?(笑)。

鳥越 いやキツイよ!

――おふたりにとって、舞台『弱虫ペダル』とは?

鳥越 ほんとに部活だったのかな。

太田 よくその部活やめなかったなって思う(笑)。

鳥越 アハハハハ!

太田 途中で退部しなかったのは、トリがいたからっていうのもある。

鳥越 それはずっとお互いに思ってたね。

――やりきった感みたいなものはありますか?

太田 なんか満足とは違うんだけど、でも感謝の気持ちを持ってやってきたよね。

鳥越 うん。感謝だね。

太田 お客さんにもありがとうございましたって気持ちで。