ガレージのゴミは敷地外の歩道にもいまだにはみ出し、通行の妨げになっている

「あの人がいなくても、あの家は変わらんでしょ。だから逮捕されたからってどうってことはないの。あの家があのままあることが問題なの」

 ゴミ屋敷の近隣住民は、ゴミ屋敷の主が暴行容疑で逮捕されたことを受けても問題解決にならない現状をそう嘆く。

「自分は芸術家だ」と15年前から空き缶集め

 11月21日昼ごろ、ゴミ屋敷のゴミを片づけようとした女性に暴力をふるったとして、愛知県警中署は、無職・相澤秀行容疑者(61)を暴行容疑の現行犯で逮捕した。

 相澤容疑者が路上に放置していたゴミを、女性が容疑者宅の敷地内に移動したことに激高し、女性の衣服の右肩部分をつかんで、引っ張る暴行を加えたという。現場にいた警官が犯行現場を目撃し、現行犯逮捕した。

 古参の住民によれば、

「あの家は40年前に建てられました。しゃれたきれいな家でしょう。ベランダがあって窓に柵まであって、当時としては最先端。タイル張りの壁とか、ピカピカ光っていましたよ」

 周囲の羨望を集めるような3階建てのお屋敷だった。

「最初はね、今から15年前に、空き缶を集め始めたんですよ。それから」

 近所の男性が、おしゃれな屋敷がゴミ屋敷に変貌し始める経緯を話す。

「自分は芸術家だって言ってた。空き缶で芸術をやっていると。最初はそう言っていたよ。そうしたら“空き缶をあいつのところに持っていけば、処理してくれる”といろんな人が持って来るようになった。そうこうしているうちに、どんどんたまっていくわけよ」

 空き缶からやがて衣類、食器、大型家具など集められるゴミは無秩序に増えだした。