東京地裁正門には裁判を傍聴しようと、27席に350人あまりが列を作った

 3月、鉄製の檻に閉じ込めた猫1匹に熱湯を浴びせたのが惨劇の始まりだった。

 東京猫医療センターの服部幸医師に話を聞いた。

「熱湯で受けた広範囲のヤケドは猫も自然に治るわけではありません。治療をしなければ命に関わります」

 一方、被告がケガをした後に会ったという人物は首を傾げる。

「そんなにひどい傷なら会ったときにわかると思うけど、何も言ってなかった」

 服部医師も、

「猫は何もしなければ噛みつくことはほぼないと言えます。無理やり捕まえたり、何らかの嫌がることをしたときに噛みつかれたのでは」

 と推測。噛まれたことは自業自得の可能性もある。

動画にあげるのが主目的になった

 大矢被告は被告人質問の中で懲役刑を求める21万筆の署名について問われると、

「私に対する断罪、殺された猫の声を、心を痛めた人の声を聞きなさいということだと思います。贖罪の気持ちを持って生きていきたい」

 弁護士の質問に淡々と答えていた被告だが、検察官から撮影した動画を見たときの心情を問われると、

「噛んだ猫と違うが最初は溜飲を下げるものだった。後半はインターネットの情報を参考にしながらだった」

 裁判長の「猫が死んでいくところを見て楽しかったか?」という質問には、

「気分はよくなかった。後半は残虐に殺して動画に上げるのが主目的になった」

 さらに、「なぜ続けたのか」との問いに、

「あの……どっかで被害を言い訳にしながら殺めていた」

 一転して焦りがにじみ、歯切れが悪い。