かつて虐待してきた母親との関係を10年かけて修復しつつある田中さん

 10月28日、北海道・伊達市で19歳の女性が父親の背中を数回刺した。父親は自ら救急車を呼んだという。彼女は両親、妹2人、弟の6人家族。

 無職の父に代わり、彼女が働いて一家を養っていた。幼いころから父親の暴力がひどく、事件後、「殺せば状況が変わると思った」と述べている。

 同じく北海道・南幌町では3年前、女子高校生が祖母と母を殺す事件が起こっている。彼女は真冬に全裸で外に立たされ、水をかけられたり、生ゴミを食べさせられたりしていた。

 祖母の犬を散歩させるため、門限は夕方5時で、いつも走って帰っていたという。そして、いつしか少女には祖母と母への殺意が芽生えた。同居する姉もまた、「祖母と母がいなくなればいいと思っている」と知り、彼女は決意した。

虐待の定義

 この事件を知った彼女の同級生やその親たちは非公開の家庭裁判所での審理を求める署名1万人分以上を集めて札幌地検に提出している。

「被害者はこの子のほうだ」という同情の声は大きかった。

 決して、このふたりが特別だったわけではない。ネットには「親を殺したい」という子どもたちの書き込みが複数見られる。そして、その裏には虐待という実態が潜んでいることが多い。

 日本で児童虐待防止法が施行されたのは2000年。児童とは18歳未満で、現在の虐待の定義は以下のとおりだ。

1.身体への暴行

2.児童へのわいせつ行為と、わいせつ行為をさせること

3.心身の正常な発達を妨げる減食・長時間の放置

4.保護者以外の同居人による前記の行為と、その行為を保護者が放置すること

5.著しい暴言・拒絶的対応・著しい心理的外傷を与える言動を行うこと