大野拓朗 撮影/伊藤和幸

僕、人を笑顔にしたり、日々の活力を与えたいと思ってこの仕事をしているんです――

 今年の春に行ったインタビューで、そう胸の内を語っていたこの高身長の美形男子。彼こそが、朝ドラ『わろてんか』で黒ブチメガネがトレードマークの芸人・キース役を演じ人気急上昇中の俳優・大野拓朗(29)だ。彼はまさに有言実行、朝から多くの視聴者に笑顔を届けている。

「今回の朝ドラのテーマが“人生には笑いが必要だ”で、これってまさに自分のポリシーと重なるんです。しかもキースという男は、とにかくお笑いを愛していて、今後、新しい笑いのスタイルを生み出して、伝説の漫才師になっていくかも……!? “笑い”の第一人者という役ができて、本当にうれしいです」

 10月に放送が始まってはや2か月、その反響は予想以上だという。

大阪のおばちゃんのパワーが本当にすごい(笑)。先日、大阪刑務所で1日所長をやらせていただいたんですが、前で握手していたら逆の手をうしろにグッと引っ張られて無理やり手を握られて。“勝手なことしないでよ~(怒)”ってそっちを見たら、おばちゃんたちがめちゃくちゃ笑顔なんです(笑)。純粋に喜んでくれている姿を見たら、うれしくなっちゃいましたね」

 関西弁で芝居をするということで、“大阪人になるため”撮影が始まる1か月も前に大阪に住民票を移したという本気ぶり!

 プライベートの時間も“本場”の芸人たちと過ごしているといい、

「ぼんちおさむ師匠といちばん仲よくさせていただいていて、おいしいお店に連れていってもらったり家に招いていただいたり。新喜劇のみなさんと(有名な繁華街の)新世界で昼から飲んで串カツを食べて“コテコテ”な感じを味わってます(笑)

 完全に『わろてんか』一色に染まりつつある大野だが、実は12月23日からは主演舞台『池袋ウエストゲートパーク』の上演がスタート! 撮影も大詰め、東京⇔大阪の行ったり来たりになるけど大丈夫!?

「まぁ……大丈夫でしょう!(笑) ドラマ『LOVE理論』で主演をやらせていただいていたときは、共演の(片岡)愛之助さんが歌舞伎の公演中で、その間を縫って撮影をしていたので、もっとすごかったんです。さらに大河(『花燃ゆ』)に『天才テレビくん』に『三匹のおっさん』にバラエティーのレギュラーに……かれこれ週8レギュラーだったので(笑)。睡眠も1~2時間と大変でしたけど、充実していてめちゃめちゃ楽しかったです。

 今度の主演舞台では歌ったり、踊ったり。ステージで本格的に歌うのは、ミュージカル『エリザベート』『ロミオ&ジュリエット』に続いて3回目。今回は曲がポップス系でめちゃめちゃカッコいいんです! 舞台でキースの“輩感”が出てこないように気をつけます(笑)」