土屋太鳳 撮影/廣瀬靖士

「ウエディングドレスを着られるのが本当にうれしくて。これまでお仕事で5回ほど着させていただいたんですが、毎回“今日は本気で結婚するぞ~!”って気持ちで挑んでいます(笑)」

 “本番までに慣れすぎないようにしないと(笑)”と、お茶目に笑う土屋太鳳(22)。そんな彼女が映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で、原因不明の病から驚異の回復を遂げた花嫁に! お相手は土屋が兄であり、父であり師匠であると慕う佐藤健。

“健先輩”とは4年前に映画で共演して、師匠と弟子みたいな間柄の役だったので、当時は“膝カックン”とか背負い投げをよくされていたんです(笑)。ずっと背中を追ってきた方でこんなにも大先輩なのに、いつも同じ目線で向き合ってくださって。人としても役者としても尊敬しています」

 劇中では300万人に1人とされる難病“抗NMDA受容体脳炎”を発症し、8年間昏睡状態に陥った女性を演じている。管や人工呼吸器につながれ身動きのとれない土屋を気遣い、恋人役の佐藤が脚のマッサージを施してくれたことも。

「“大丈夫?”とか“何かやってほしいことはある?”とか声をかけてくださって。あまり笑うと(4時間かけた)特殊メイクがとれてしまうんです。でも健先輩は私の緊張感をほぐすために笑わせようとしてきて(笑)。人の声や手から伝わってくる愛情というものをすごく感じました」 

 痙攣発作に意識障害……。想像をはるかに超える重い症状を、リアルに伝える体当たりの演技には思わず息をのむ。

「話したりすることはもちろん、意思疎通ができないんです。それでも不随意運動があるので、普段使わない神経を遣ったりと、とてもパワーがいりました。それに意識が戻ってからも記憶を失っている設定なので、思い出したいのに何も出てこないというのは孤独で、撮影中は精神的にもすごくつらかったです」

 結婚式直前に意識不明となった花嫁を待ち続け、ついに叶った“8年越しの結婚式”。現在22歳。土屋自身にも結婚願望があるか聞いてみると、

具体的に何歳までとかは考えていないのですが、前向きに結婚というものには挑戦していきたいなと思っています