テレビを見ていて「ん? 今、なんかモヤモヤした……」と思うことはないだろうか。“ながら見”してたら流せてしまうが、ふとその部分だけを引っ張り出してみると、女に対してものすごく無神経な言動だったり、「これはいかがなものか!」と思うことだったり。あるいは「気にするべきはそこじゃないよね〜」とツッコミを入れたくなるような案件も。これを、Jアラートならぬ「オンナアラート」と呼ぶことにする。(コラムニスト・吉田潮)
離婚会見で笑顔の松居一代

 

オンナアラート#6 松居一代

 この闘いにいったい誰が勝ったのか。映画『七人の侍』じゃないけれど、離婚成立で高らかに勝利宣言会見をした松居一代。そもそも誰も勝敗を気にしていなかったような。

 ブログとyoutubeを駆使し、サスペンス仕立てで夫の不義理を訴えてきたこの半年。オンナアラートは別の意味で鳴る。「こ、これは決して近づいちゃいけない案件だ……」という生理的警戒心だね。

 テレビ局もフジ『直撃LIVE グッディ!』以外は及び腰というか、「君子危うきに近寄らず」からか、あまり深く触れずにしれっとスルーしてきた。NHKなんて、痛々しい船越英一郎を慮って一切触れず、触れさせず。

 この、ひとりサスペンス松居一代劇場を、淑女の皆さんはどう思っていたのか。一番的確な表現としては「怖いもの見たさ」だったのではないか。

 何者かに狙われている被害妄想的展開から、浮気した夫の下半身健康事情を暴露し、すっぴんで謎の全国行脚をするも、大半のワイドショーからはスルーされ、家庭裁判所で離婚成立すると、朝っぱらから華やかな衣装と外連味たっぷりの演説調でとうとうと語る。素晴らしい演出である。

 正直、共感も反感もない。我々とは別の世界に住む、奇天烈な人として、一連のショーを楽しんだという感覚だ。でも、ちょっとだけ松居の人生に心を寄せてみよう。

「糟糠の妻」の概念を覆した

 そもそも、元夫の船越英一郎は“2時間モノ”で活躍していた。初めの頃はただの2世俳優であり、脇役で年齢不詳の2.5枚目と言う立ち位置だったと記憶している。売れていないわけではないが、パッとしない俳優の一人だった。

 しかし、2001年に松居と結婚後は、“2時間モノ”で数々の主役を獲得。心もとなかったヘアスタイルも一新して、かなり若返った。

 私が好きだったのは『火災調査官 紅蓮次郎』(テレ朝)、『外科医 鳩村周五郎』(フジ)だが、連ドラでも『その男、副署長』(テレ朝)『刑事吉永誠一 涙の事件簿』(テレ東)と主演をはたすまでの人気俳優にのぼりつめた。