不起訴処分になった母親 ※写真は一部加工

「母親の逮捕後も、娘は大音量で音楽をかける迷惑行為を続けています。ただし、なぜか楽曲はマイ・リトル・ラバーからAKB48のベストアルバムに変わりました」

 と近隣住民は憤る。

 神奈川県小田原市で8月、近所の住民男性に自家用車で突っ込んだとして同県警小田原署に殺人未遂容疑で逮捕された65歳の無職女性の事件が注目を集めた。

 35歳の娘と2人で賃貸の一軒家に暮らし、軒先に風鈴を最大10個もぶら下げたり、窓を開けて大音量で音楽を流すなど住民トラブルを巻き起こしていた。母娘は近隣宅に生卵やサバのみそ煮などを投げつけた疑いも持たれていた。しかし……。

元凶と言われる、娘

「横浜地検小田原支部は11月末、母親の不起訴処分を決めたんです。理由は明らかにしていません」(民放記者)

 納得できないのは打撲傷を負った被害男性だ。しかも、母親釈放時の約束の一部は反故にされているという。

「検事さんから聞いた釈放の条件は、東京で暮らす父親と息子がそろって警察に母親を迎えにくることと、すみやかに現住所から退去を進めること、そして1人残っている娘を東京に連れていくこと。ところが、結局、母娘は元どおりの生活に戻って騒音をやめようとしない」(被害男性)

 別の住民によると、母親が釈放されたのは9月7日のこと。東京に行ったはずの娘は同日中に小田原の自宅に戻り、やがて引っ越しの準備や娘の説得を理由に母親が自宅に寄りつくようになり、“母娘タッグ”が復活した。

「以前、さんが書いていたようにトラブルの元凶は母親ではなく娘のほうなんです。卵を投げつける現場を近隣住民に押さえられているし、音楽の選曲が比較的若いことからもそれはわかるでしょう? つまり、“騒音おばさん”じゃなくて“騒音娘”なんですよ」(同住民)

「逮捕状持ってこいよ!」

 母親の釈放後、少なくとも7回はパトカーが出動する騒ぎがあった。

 9月20日にはパトカーからマイクで「小田原警察です! ××さん、音楽を消して出てきてください」と呼びかけたものの反応はなく、同25日には大家さん宅に生卵がぶつけられる事件が発生。室内の娘に警察と母親が説得を試みたところ、

「家を明け渡すなんて関係ない! 卵? やってねーよ。バカ、バーカ。じゃあ逮捕してみなよ。逮捕状持ってこいよ!」

 と毒づいたという。

大家さん宅に投げつけられた生卵の跡

 母親の逮捕後も、近隣住民への騒音や「死ね」などの罵詈雑言、生卵投てき2件、植木鉢が蹴られるなどの不審事案が周辺で発生している。

 前出の被害男性は「近所の子どもたちが“うるせえんだよ、クソガキが!”と怒鳴られ、“うるせえ、ババア!”と言い返すこともあった。今年1年を振り返るとイヤなことしかない」と、ため息。

 母娘宅を訪ねた。室内からAKBのアップテンポな曲が聴こえてきた。ドアのインターホンを2回押すと音楽はピタッと止まり、何回呼びかけても返事はなかった。

「マイラバを大音量で聴かされすぎて無意識にメロディーを口ずさんでいることがある。そんなときは、ハッとわれに返って落ち込む」(被害男性)

 年明け早々には、家の明け渡しをめぐる裁判が始まる見込み。母娘は法廷で何を主張するのだろうか。