ローラ

 12月6日にメディアの調査・分析を行うニホンモニター社が発表した『2017タレントCM起用社数ランキング』で、CM女王に輝いたローラ。15社は男女合わせてもトップで、3年ぶりに首位の座に返り咲いた。

「ローラが出演しているシャンプーのコマーシャルで、“彼女はめちゃくちゃだけど、なぜか憎めない”というセリフがあるのですが、実際の彼女も本当にそんな感じですよ。

 どんなキャラにもハマってしまい、父親の逮捕などネガティブなことも跳ね返せるだけの魅力があるんです」(芸能レポーター・石川敏男氏)

 起用した企業はサントリーやユニクロ、楽天など大企業がズラリ。また、テレビCMを流さないスポンサーも合わせると、20社をゆうに超える。

「そんなCM界では引っ張りだこのローラですが、今年は決して順風満帆ではなかった。6月には、突然ツイッターで所属事務所とのトラブルを感じさせる文章を投稿したのです」(スポーツ紙記者)

 6月16日と17日にツイッターで立て続けに、

今年6月には、ファンに向けてつらい胸の内を明かした(公式ツイッターより)
今年6月には、ファンに向けてつらい胸の内を明かした(公式ツイッターより)その2

《ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど》

《黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえしてください》

 と発信し、精神的にかなり不安定な状況にあることがうかがえた。

ツイッターを投稿した翌月には、ローラの親族が代表を務める個人事務所を設立。8月には彼女の代理人の弁護士が契約破棄の事前協議を申し入れるなど、水面下で事務所独立へ動き出していたんです。一方の事務所側は、契約書を盾に絶対に独立を認めない姿勢を崩しませんでした」(前出・スポーツ紙記者)

 夏には、『週刊文春』('17年8月17・24合併号)が、『10年奴隷契約書』と題する記事を掲載。そこには'10年から'20年までの契約書が存在し、契約期間が満了しても10年間の新たな契約が自動更新されるという驚きの内容だった。

「事務所との独立問題が表面化した6月以降、ローラはテレビ番組への出演が激減。

 レギュラー番組も0本になり、ファンクラブも11月30日で一時休止になりました。ですが、CMには次々と起用されるようになったのです」(テレビ誌記者)

 テレビでの露出が減ったのと反比例し、CMの仕事が増える。人気商売の芸能人では考えられないことだが……。

「もちろん、ローラが男性ファン以上に女性に人気が高いことが大きいでしょう。実際に彼女がCMに出ると商品が売れるんです。

 でも、所属事務所社長の営業力も大きい。現在出ているCMはローラの個人事務所ではなく、すべて所属事務所が取ってきたものですよ」(芸能プロ関係者)

 だが、その敏腕社長との関係悪化が、ローラを事務所独立へ駆り立てたという。