鈴木伸之 撮影/廣瀬靖士

2017年は“あなそれ”に出演したことで、見ていただいた方に僕のことを知ってもらえたのが大きかったです。“あのときのクズだ”とか僕に対するイメージを持ってくださる方も増えて(笑)。あとは大好きな作品『東京喰種トーキョーグール』の映画に出演できたこと。この2本は僕にとってとても大きいものになりました」

 身長185センチ、鍛え抜かれたボディに、どこか少年らしさが残るあどけない笑顔で魅了する爽やかイケメン・鈴木伸之(25)。

 不倫夫を演じたドラマ『あなたのことはそれほど』でブレイクを果たしたが、

「これからやってみたいのはレスキュー隊みたいな役。なんせこれまでは悪役やクズな役が多かったので……(笑)。来年は人命をテーマにした『海猿』のような作品にも挑戦してみたいです!

 そんな抱負を明かしてくれた鈴木だが、今年最後の出演作となる映画『リベンジgirl』では、“実はあまりやったことがないんです”という胸キュン恋愛ムービーに挑戦!

 とはいっても、桐谷美玲演じるヒロイン・宝石美輝が大失恋をきっかけにまさかの政界進出(!!)を果たすというリベンジから始まる恋物語。鈴木はそんな彼女を支える政治秘書・門脇俊也を演じている。

「美輝はものすごく美人ですが、強くて生意気だから、どうしても周りから嫌われてしまう。でもウソがつけなくてピュアでまっすぐなところは、女性として素敵だと思います」

 と話しつつも、実際に美輝みたいな子がいたら声をかけるか聞いてみると“かけません(笑)”と即答!

俺ね、強い人が苦手なんです(笑)。優しい雰囲気をまとった、見るからに“優しい人!”が好きで。意外と繊細なタイプなので、あんまり女の人から強く言われると、くじけちゃいます(笑)