12月初旬、舞台稽古の差し入れに来た上原。自転車はコウ氏と共用のもの

 昨年12月上旬、東京都内のレンタルスペースに上原多香子の姿があった。

1月17日から始まる舞台『昏闇の色』の稽古が行われていたんです。脚本と演出を担当するのはコウカズヤさん。昨年4月に上原さんの“新恋人”として話題になった人ですね。彼女は自転車に乗って差し入れに行ったようです。栄養ドリンクなどを持ってきて、若いキャストは上原の突然の訪問に驚いて恐縮していたという話ですよ」(演劇ライター)

 上原が稽古場を出てきたのは3時間後。終わるまでずっと見守っていたのだ。演出家として多忙な日々を送る彼を、献身的にサポートしているらしい。

「コウさんはお笑いユニット『超新塾』のメンバーとしてデビューしましたが、舞台の脚本家・演出家に転身。昨年、彼が所属する劇団の舞台に上原さんが出演したことをきっかけに意気投合し、交際がスタートしました。上原さんがコウさんに惚れ込み、自分から出演を持ちかけたようですね」(スポーツ紙記者)

 上原の夫だったET-KINGのTENNさんは、'14年9月に自ら命を絶った。

 それから2年以上がたち、新しい恋を求めるのは自然なこと。ただ、交際が始まった直後にTENNさんの自殺の原因が女性誌に報じられたことが、ふたりにとっては大きな試練となる。

TENNさんの弟が発表した彼の遺書に、上原さんが舞台で共演していた俳優の阿部力さんと不倫関係にあったことが記されていました」(同・スポーツ紙記者)

 当時は収入格差を気に病んでいたのではないかといわれていたが、事実はもっと残酷だった。阿部も妻帯者で、いわゆるW不倫である。

「記事には“ふたりの子どもが欲しい”といった生々しいLINEのやりとりやキス写真も掲載されていました。TENNさんはすべてを知り、精神的に追い詰められてしまったんでしょう」(同・スポーツ紙記者)

 報道が出てまもなく、上原は芸能活動の無期限休止を発表する。コウ氏はもちろん、彼女の不倫については何も知らなかった。

「記事が出て初めてこのことを知り“どう受け止めていいか悩んだ……”と話していました。かなり衝撃的だったようで、“自分に彼女を支えられるか不安だ”とも周囲に漏らしていたそうです」(コウ氏の知人)

 コウ氏は一部では人気の高い演出家だが、メジャーな存在とはいえない。

「コウさんの芝居が上演されるのは、多くても100席強程度の小劇場なんです。小劇場演劇というのは、自分が理想とする芝居を追求するもの。商業演劇とは違い、儲かるものではありません。劇団のレッスン料収入もあるみたいなのですが、あまり多くはないでしょう。コウさんも演劇をやめるつもりはないそうです」(前出・演劇ライター)

 上原は芸能活動を休止したため、現在は収入ゼロだという。事務所は辞めていないものの彼女への出演オファーはなく、女優業への復帰は簡単ではない。生活の不安を抱えているはずだが、ふたりは同棲生活を始めている。