仮設住宅を訪問したセラピー犬を抱きしめる女性(日本レスキュー協会)

 現在、日本で飼育されている犬の数は約892万匹。家族の一員として、愛情を持って接している飼い主は多い。

犬は家族

「息子のような存在です。犬がいる生活っていいですよ」

 茨城県に住む40代の男性は愛犬の柴犬について語るとき、頬は緩みっぱなしだった。

 猫ブームに押されがちだが、犬派だって負けていない。

 日本レスキュー協会の今井雅子さんは話す。

「犬は家族であり、パートナーであり、時には先生にもなります。犬から教わることはたくさんあるんです」

 そんな人と犬との間で育まれてきた4つの“ワン”ダフルな話を紹介したい。

 前出の今井さんが所属する日本レスキュー協会では身体と心を癒すセラピー犬、被災地などで行方不明者を捜索する災害救助犬がそれぞれの役割を担い、活動している。

 セラピー犬は主に病院や福祉施設などを訪問し、利用者が撫でたり、触るだけでなく、ゲームなどで一緒に身体を動かしたりし、積極的に関わり合う。

「犬におやつをあげたい一心で不自由な手を頑張って動かした利用者や昔飼っていた犬のことを思い出し、話し始めた認知症の利用者もいました。犬と接することで機能回復や脳の活性化など、リハビリにもつながるんです」(今井さん)

 入院中の子どもたちの間では、「犬に会うためにつらい治療も頑張ろう」というモチベーションにもつながっている。

「犬は言葉を話しません。でも隣に寄り添うことで通じ合えるものがあるんじゃないでしょうか」(今井さん)