西郷隆盛を演じる鈴木亮平

 今年の大河ドラマは西郷隆盛を主人公に描く『西郷どん』。昨年の『おんな城主 直虎』は主人公である井伊直虎の実像がつかめずに、最後まで物語に入り込めなかった人も少なくないはず。でも! 今回は維新三傑のひとりに数えられる超有名人&幕末~明治維新~西南戦争と激動の人生を駆け抜けた誰でも知っている歴史的トピックが続くだけに期待大! 

 西郷さんを演じる鈴木亮平の役作りは今から楽しみだし、原作・林真理子&脚本・中園ミホのタッグも折り紙つき。いったい、どんな西郷どん像が描かれるのか興味は募るばかりだけど、西郷さんの偉業や珍エピソードって知られているようで知られていない。

 今回は予習もかねて、西郷隆盛の人物像に焦点を当て、トリビアを紹介。チェックしておけば、より『西郷どん』を身近に感じられること間違いなしでごわす!

激動の時代を突き抜けた「西郷隆盛」って、こんな人!

<其之一>
まるでジャニー●!? 徹底して写真を拒否

 写真を撮られることを好んでいた大久保利通や坂本龍馬と違って、生前の写真が1枚も残っていない西郷さん。どうやら写真が大嫌いだったようで、欧米視察中の大久保利通が送ってきた写真を見て、「醜態をさらすようなまねはやめるべきだ。気の毒な人だ」と盟友に痛烈な返信を送り返すほどの徹底ぶり。

イラスト/柏屋コッコ

 西南戦争で敵となった西郷さんの銅像を上野の山に作ることを認めるほど親密な仲であった明治天皇から「あなたの写真が欲しい」とリクエストされた際も拒否……。ジャニー●事務所じゃないんだから! 明治維新の立役者である偉人の容姿を後世に残そうと、勝海舟を含めさまざまな人物がトライするも、ことごとく失敗に終わったというから筋金入りだ。

 孫にあたる西郷吉之助が、「謹厳実直で堅い考えの人でしたから、(自らの姿を撮って)献上するなどもってのほかだと考えたのでしょう」と語っているように、頑固一徹、信念を貫く気質はこんな部分にも表れていたみたい。

<其之二>
銅像を見たイト夫人が「違う!」と言った真の理由

 上野の西郷像の除幕式でイト夫人が、「こげんおひとじゃなかった」と発したエピソードは有名。

 先述したように、写真が存在せず、諸説あるウソかまことかわからない肖像画しか残っていないため、イト夫人の言葉に重みがあるわけだけど、実は「こげんおひとじゃなかった」の真意は、「似てない!」という意味ではないと言われている。

イラスト/柏屋コッコ

 銅像は、晩年の西郷さんと親しく、苦楽をともにした人物の証言をもとに鋳造しているため、実在の姿に近いというのがもっぱらの評判。イト夫人が「違う」と異を唱えたのは、「西郷さんは礼儀正しい人物だったので、あのような軽装で人様の前に出るようなことはしない」ということだったのでは……。たしかに、ハレの場で予告なく“ラフな格好で犬を連れている夫”の姿を目撃したら複雑な心境になるような……。

 当初は陸軍大将の正装姿で建設予定だったものの、逆賊の大将になった人物を正装で作るわけにはいかないという声が上がり、「平和に暮らす姿ならいいだろう」と、現在の姿になったと言われている。