ジャニーズやK-POPをはじめとした、日韓のアイドルの応援を日々の生きがいとし、気づいたらとある現場でトップヲタクになっていた<男子>大学生・あくにゃんのコラム。
イラスト/びーえいち

 みなさん、推しにはどのくらいダンススキルを求めますか? 私がKis-My-Ft2の北山宏光氏に惹かれた最初のキッカケはダンスでした。

 

〈第八声〉
まぶしい「シャカリキダンス」
~武器にするかは本人次第~

 彼らの楽曲『Hair』の"腰に手をまわしてー"のところで、お尻を1人だけぶりんぶりん回すシャカリキな彼を見て「え……好き」と思いました(笑)

 韓国では昨今、「ダンスが激しすぎる」という武器で注目を集め、個人でCMの契約を勝ち取ったアイドルもいます。たくさんいるジャニーズJr.の中で、埋もれてしまう現状を打破するための「鍵」にダンスはなるのか、考えていきましょう。

 初めて北山氏のダンスを見たとき、スカして踊るのではなく、一生懸命踊る姿に「この人絶対いい人だ! こんなに一生懸命に踊っているのカッコいい!」とすごく胸熱になった記憶があります。

 のちに「シャカリキダンス」という単語を知ります。

 おもにジャニーズ界隈で使われる言葉で、脇目も振らずにただひたすらに一生懸命激しく踊ることをさします。バレエのように指先や足先まで綺麗にスラリと魅せるダンスが好みの人もいますが、私はこの「シャカリキダンス」が大好きです。

 同じくシャカリキ好きな知人にすすめられ、岸優太氏(Prince)を見たことがあるのですが、隣の岩橋玄樹氏が手でハートを作ってファンにファンサービスをする中、岸氏は汗をかいて激しく踊っていました。両者の対比構造もあり、とても魅力的だったことは印象深いです。

 シャカリキダンスというものを、意識して初めて見た岸くん。一心不乱に踊っていて、見ているだけで一緒に体力を消費していく感じがして衝撃でした。

 北山くんよりもさらに激しく、熱く、「岸くんすげぇ〜」と声が漏れました。

 女性アイドルの場合、ダンスがシャカリキすぎて有名になったのが元AKB48の西野未姫氏です。

 彼女は激しすぎるあまり、時に原型を留めていない時もあり、「ヒクほどダンスが激しいAKB48」として『今夜くらべてみました』に出演し、他にも『ダウンタウンDX』では「アイドルとは思えない動きと表情」「他のメンバーとは全然違いオーバーすぎる」などというふうに言われていました。

 実際に彼女は、ダンスが激しすぎるあまり怒られたり、メンバーを蹴ってしまったり、ステージから転落したこともあるそうです。

 激しすぎるダンスで注目を浴びたアイドルグループがK-POP界にも存在します。

 9人組ガールズグループ『MOMOLAND』のジュイ氏です。私がこのグループを知ったキッカケもまさしく、彼女の激しすぎるダンスがSNSで回って来たことでした。

 その激しすぎるダンスが話題になり、炭酸飲料水のCMに個人で出演を果たしています。注目されるまでは音楽番組で1回もカメラで抜かれなかったこともある彼女でしたが、先日リリースされた楽曲『BBoom BBoom』ではセンターに抜擢されています。