松坂桃李 撮影/廣瀬靖士

「年々、後輩が増えていき気がついたら僕は所属事務所の男性アーティスト枠で2番目に古い人になっていたんです。僕に続いて菅田将暉が3番目。忘年会でも挨拶をする順番が後ろのほうに変わってきました(笑)」

 現在、朝ドラ『わろてんか』でヒロイン・てんの夫・藤吉を好演中で、映画にドラマ、CMにナレーションと、とにかく引っ張りダコの松坂桃李(29)。

 テレビで見ない日はないほどの活躍を見せる彼だが、疲れた表情ひとつ見せることなく、爽やかな笑顔で穏やかに、そしてときに冗談を交えながらひとつひとつ丁寧に答えていく。

「今こうして仕事ができているのは、先輩方がいろんな仕事をしてきてくれたからだと思います。それと同じように、今度は僕が後輩の子たちのために仕事でいろんな出会いを増やしていきたいです」

 今年はひとつひとつの作品で“色濃く”表現していきたいという松坂。

 ときに殺人犯、ときに娼夫、ときに童貞を演じるなど、とにかく今の彼は変幻自在! そこには確かな手ごたえを感じているようで、

「20代後半からマネージャーさんと相談していろんなジャンルの作品、監督とやっていきたいねって話していて。僕、今年で30歳になるんです。20代でやれる仕事はやりきったと言えるはず。だから、あとは結果を待つのみです」

再びかわいいクマの声を演じます!

 そんな彼がたまらなくかわいいクマの声を演じて話題となった『パディントン』が2年ぶりに帰ってきた!

「個人的にもすごく面白かったですし、見ていただいた方の反応もよかったので、1の段階ですでに2はあるなと予感していました。なので、お話をいただいたときは“ついに……待ってました!”って感じでしたね」

 目の前にあるパディントンのぬいぐるみを見つめ、“本当にかわいいですよね。何もできないドラえもんみたいで(笑)”とニッコリ。