世の中は不倫ブーム真っ盛り。しかし、実際に不倫している一人一人の女性に目を向けたとき、その背後には、さまざまな難題がのしかかってくる一方で、何の解決策も見つからないこの社会を生きる苦しみがあり、不倫という享楽に一種の救いを求める心理があるような気がしてならない。この連載では、そんな『救いとしての不倫』にスポットを当てていけたらと思っている。(ノンフィクション・ライター 菅野久美子)

不倫相手の地獄の結婚生活にかつての自分を見る

 今回、紹介するのは、夫と4年前に離婚したバツイチの石田由美子(仮名・51歳)。離婚後、自らの会社を立ち上げ、今は小さな会社ながら代表を務めており、仕事関係で知り合った妻子ある斎藤真一(仮名・55歳)と不倫関係にある。

ゴールドブラウンのボブヘアにクリクリとした目が可愛らしい由美子

 女社長として、余裕のある生活を送っている由美子だったが、夫と離婚するまでの結婚生活はどん底だった。由美子は、21歳のときに、3歳年上の夫とできちゃった結婚。娘と息子を授かるが、その直後から、夫のモラハラとDV、さらになんといっても女遊びに苦しめられた。

 結婚生活は奴隷――、由美子はそう語る。

一番つらかったのは夫の女遊びだよね。女遊びが日常茶飯事だったから。夫の女遊びがつらいのは、夫の会社の経理をしていたら、不明なお金がたくさんあったの。夫が明らかに不倫しているのが手に取るように、わかること。本当に嫌だった。それで問いただすと、“俺は、女遊びが生きがいなんじゃー!”と開き直って叫んで、暴力を振るったり、モラハラをされていた。夫のことは、子供たちも今も軽蔑していると思う。でも、当時の私は夫なしで、ひとりでは絶対生きていけないって洗脳されていたから、どうしようもなかった」

「普通の家族」に憧れていた。しかし、家に帰ると、待ち構えているのは何を話しかけても無視して、テレビの前に何時間も座っているモラハラ夫だった。機嫌が悪いと、暴力を振るったり大声を上げる。やがてそんな家庭生活に疲れ果て、由美子の持病の摂食障害はますます悪化する一方だった。

 嘔吐をすると、食べ物と一緒に胃酸も混じって出てくることから、歯を溶かしてしまう。由美子の歯は度重なる過食嘔吐によって、胃酸で次第にボロボロに溶けてしまっていた。結婚生活の代償は、総入れ歯――、そして、ボロボロに傷ついた心身だった。「もう、無理」それを自覚したときに、夫に離婚を懇願したのだという。

「こんな歯になってしまって、本当に、もう惨めで仕方なかった。だから、最初は妻帯者である真ちゃんと付き合うというのはすごく抵抗があった。社会的にも、不倫は嫌だと思っていたし。自分自身、それで苦しんできたからね」

 そう、かつては、由美子自身が浮気される妻の立場だったのだ。しかし、今、その立場は逆転した。由美子は、真一の妻に、かつての自分を見出す。

 どこまでも、夫にすがりついて、壊れた家庭生活の檻(おり)の中で苦しんでいた自分を――。