コラーゲンがたっぷり入っているというテビチ

 12年間にわたり世界中をめぐっている著者が、現地の健康&食べもの情報を毎週お届けします。

野生動物の天国、世界一巨大な陸デルタにて

 海外旅行中の我が家ですが、妻Yukoの生誕53周年という歯切れの悪い数字を祝って、小旅行に出かけました。

 向かったのは、モアミ・ゲーム保護区にあるオカバンゴデルタ。

 アンゴラから流れてきた川がカラハリ砂漠に突っ込んだものの、海も湖もないのっぺりとした大地。行き場を失った水が三々五々適当に枝分かれし、ただ干上がるのを持つ川の墓場です。

 四国くらいある、世界一巨大な陸デルタです。政府が強制的に住民を追い出したので、野生動物の天国。そのど真ん中へ、高級コテージ専用の軽飛行機で飛びます。

 軽く船酔いしながら窓を覗けば、こんな戦略特区を手に入れるとはどんな忖度が舞い降りたのか、建物は高級ロッジが一軒だけ。完全独占。

 水たまりだらけの専用滑走路が一本。名前も知らない動物が、のんきに横切ってくれます。

 ロッジは、猛獣に囲まれていながら1メートルも柵を作らないという、食うか食われるかを天にまかせた安全対策。

 振込詐欺にあったんじゃないかくらい高額な宿泊料なので、ワイン、ウィスキー、ジン、ウォッカ、その他なんでも飲み放題です。

 油断すると、すぐにおつまみが出てきて健康に悪いです。サファリドライブは、1日2回。休む暇なし。3日目にはライオンやヒョウを見かけても、犬猫にしか感じられないくらい堪能しました。

コラーゲンでお肌ツルプルと思いきや……

 晩飯は名も知れぬ高級ワインを飲みながら、オックステール・シチュー。

 牛の尻尾の煮込みなんてオシャレなモノ、最後に食べたのはいつだったろうかと思いを馳せながら、生まれて初めて食べています。

 口の中に広がる大地の地味。骨と肉の間に舌をぐいっと差し込み、ほろほろと崩れる肉の細胞と細胞の間を味蕾でまさぐれば、そこはコラーゲンの領域。

 一滴も残すことなくコラーゲンをすすります。

 翌朝、どんだけお肌がツルツルのプルプルになったかというと、いつものようにザラザラです。

 胃に入ったツルプルはまだ、肌の角質層に届いていないようです。

当記事は「BUSINESSLIFE」(運営:ビジネスライフ)の提供記事です

大量に食べてもムダ?「変身コラーゲン」論争

 いったい何時間ぐらいで、オックステールコラーゲンが肌から滲み出てくるかといえば、実際のところ、一生かかっても無理です。

 それが、サプリメント界を揺るがす大論争「変身コラーゲン」です。

 コラーゲンは、言うても所詮タンパク質。大量に食べてもカラダのなかでアミノ酸か、小さく分解されて「ペプチド」に変身してしまいます。

 どう頑張っても、口→胃→肌とダイレクトに届きません。それは事実。

 変わり果てた元コラーゲンは、やがてカラダの中でタンパク質として復活しますが、コラーゲンになるかどうかは誰にもわかりません。

 骨としてカラダを支えるかもしれないし、血管として物流に励むかもしれません。たくさん食べた→コラーゲン大量生産とはならないのです。

 だったら、ビタミンCでも飲んどけ!コラーゲン作りに役立つから!というのが、「コラーゲン食べても無駄だろ」派の主張です。