吉本実憂(左)、峯岸みなみ(右) 撮影/佐藤靖彦

 国民的美少女グランプリの女優・吉本実憂(21)と、AKB48の峯岸みなみ(25)が、1月23日に開幕する『三文オペラ』でそろって初舞台を踏み、初共演する。役柄は恋敵だが、稽古を通して運命共同体と感じているふたりが、その心中を吐露した本音対談―。

舞台オーディションは
緊張せず、ダメで当然

─舞台に興味があった?

吉本「事務所の先輩や共演させていただいた役者さんの舞台を見に行ったりしていて、私もいつか舞台に挑戦できたらいいなと、マネージャーさんに話していたけど、まさかこんなに早くできる機会が来るとは思いませんでした。(初舞台は)不安な要素がありつつ、ほんのちょっと楽しみな部分もあります」

峯岸「私は、一昨年(’16年)ごろ、やる気が出ない、元気が出ない時期があったときに、いろんな舞台を見ることで、心のバランスをとっていて、月に2本から5本くらい見ていました(吉本「えー、すごい」と感心)。見ているうちにいつか、やってみたい。実憂ちゃんと同じで、マネージャーさんに話していて、オーディションの話をもらって、受けました」

吉本「私もオーディションを受けました。事前に内容とかも聞かされていないのが、逆によかったみたいで、緊張せずにできました。オーディションでは(演出家の)谷さんに言われたことを思うままにやる感じが、いままでとは違って、楽しめた部分がたくさんありました」

峯岸「お芝居をする機会が少なかったし、舞台の世界もわからなかったので、オーディションはダメで当然、楽しもうというつもりで受けました」

─オーディションの内容は?

吉本「小さなスタジオに、私ひとりで、谷さんとプロデューサー、歌の先生の前で、お芝居と歌を見てもらいました。芝居は、その場で『三文オペラ』の台本の一部を渡されて、ポリーとルーシーの対決シーンで、谷さんを相手役に、ポリー役を演じました。

 歌は、事前に好きな曲を歌ってくださいと言われていたので、歌い慣れていたアンジェラ・アキさんの『手紙』を歌いました。アカペラだったので、お芝居よりも緊張したし、怖いなと思いました」

峯岸「私のときは、『三文オペラ』の楽曲が課題曲だったので、オーディションのためのボイストレーニングにも行きました。実憂ちゃんと同じシーンを、私はどっちもやって、1時間くらいかけてやりました」

吉本「(オーディションでの)手ごたえはそんなになくて、受かっても受からなくても楽しかったからいいやって。受かったと聞いたときは(作品の)内容も把握できていなかったので、これからどうなるんだろうと、プレッシャーが出てきましたね」

峯岸「実感が湧かないし、舞台がどうやって作られているのかも知らないので、これからどうなるんだろう、何から始まるんだろう、という感じでした。(PR用の)ビジュアル撮影のときに、舞台をやるんだなという実感が少し湧いてきました」

吉本「(ビジュアル撮影は)箱の中に共演者みんなで入って、撮影したんですよね」

峯岸「箱の真上から撮ったよね。舞台好きで、いろんなビジュアルを見ていたので、こんなふうにやっているんだと、内心はしゃいでいました。でも、初対面の方ばかりだったので、そんな気持ちは出せないし、緊張していました。(撮影では)底から這い上がるイメージと言われたので、苦しい顔をしています」

吉本「そうそう。這い上がるようにと言われました」