判決後、梨絵さんの夫が会見場に持って臨んだ遺影(写真/共同通信)

「家族で妹の話はよくします。事件が起こった年の春に、家族みんなで京都に旅行に行ったんです。あれは楽しかったなって、今でも母親は涙ぐみながら話をしますね」

 2012年11月に発生した逗子ストーカー殺人事件。元交際相手に命を奪われた被害者、三好梨絵さん(当時33)の兄の芝多修一さん(仮名)は、在りし日の妹の姿と無念さを胸に今日まで、自分を奮い立たせてきた。

「加害者が自殺しているため、怒りをぶつける相手がおらず、憎しみという感情がありませんでした。ただ悲しい。そんな気持ちばかりで、事件直後は、何もすることができない状態でした」

 と、ぽっかり穴のあいた事件直後の心理を回想。このままじゃいけない、やり場のない悲しみを無駄にしてはいけないと、再発防止のため『ストーカー対策研究会議』を立ち上げるなど、被害者家族の声を行政や司法に届けてきた。

市による情報漏洩

「次の妹を出さないために。どう救うのかを考えなくてはいけない。それだけを思って、活動に取り組んできました。法律も改正されましたが、まだまだやれることはあると思っています」

 逗子ストーカー殺人事件では、加害者が調査会社に依頼し(実際に調査にあたったのは下請けの調査会社)、被害者の現住所を割り出し、犯行に及んだ。探偵に住所を漏えいしたのは、市民のプライバシーを守るはずの市役所だった。

 その責任をはっきりさせるために梨絵さんの夫は、1100万円の慰謝料を求め逗子市を訴えた。横浜地裁横須賀支部は1月15日、逗子市に110万円の支払いを命じる判決を下した。

「逗子市の責任が認められ、妹に“頑張ったんだよ”って報告できるいい判決をもらえたなと思います。お金の問題ではなく納得できる判決だったため控訴はしないつもりです」

 と芝多さんは判決を高く評価。千葉県や東京都世田谷区、秋田、広島などで起こっている職員のミスによる情報漏えい事案を念頭に、

「ほかの自治体においても、ミスをしたら同じように責任が問われるのだと明らかにしてもらえたと思います」