阿部寛 撮影/廣瀬靖士

デビューして10年くらいは、ただもらったセリフを言っているだけで、自分の心が俳優という仕事に着地していなかった。ふわふわと先が見えない雲の中にいるみたいでした。でも、そんな時間も今思えば必要だったなって。あのときがあったから、今ひとつひとつの作品を大事にできるし、楽しんでやることができる。今の僕を支える、エネルギーになってるんです」

 デビュー31年目に突入し、50代になってもなお、突き進み続ける俳優・阿部寛(53)。

『TRICK』『テルマエ・ロマエ』『下町ロケット』など、代表作を挙げたらきりがない! 今や俳優として確固たる地位を築いた彼だが、“すべてが思うようにいった30年ではなかった”と振り返る。

「20代でモデルからこっち(役者)の世界に来たときに、演技力がなかったから、役の幅が狭かった。今、幅のある役をやらせてもらえてうれしいんですよ。だから、どんな役(のオファー)が来たとしても、できるだけ断らないようにしています

 阿部といえば、二枚目も三枚目もこなし、弁護士や教授を演じたかと思えば、結婚できない“イタい男”を演じたり、ダメ夫を演じたり、人種を超えてローマ人(!!)になったり……と、役の振り幅も広く、作品によってまったく異なる顔をのぞかせる。

「これまでいろんなエキセントリックな役をやってきましたが(笑)、人間の筋が通っていないと軽くなってしまう。どんな役をやるにしろ、軸になるものが大切なんです」

 そんな彼の芝居の“軸”となっているもの――。そのひとつが2010年に連ドラとしてスタートし、2本のスペシャルドラマに映画化と、8年間にわたって人気を博してきた『新参者』シリーズだという。