味はオリーブオイル漬け、レモンバジル、パプリカチリソースの全3種類。身はやわらかく、骨まで食べられるので、そのままパスタやサラダの具材として使うのにもぴったりだ。1缶360円から。

 赤、黄、緑。思わず目に飛び込んでくる鮮やかな原色とスタイリッシュなラベルは、まるでセンスのいい輸入食品のようだが、実は、れっきとした岩手県産。その名も、サバ缶ならぬ『サヴァ缶』だ。

 この缶詰を作るプロジェクトがスタートしたのは、東日本大震災の直後。被災地の食の復興をサポートする目的で立ち上げられた一般社団法人『東の食の会』メンバーである高橋大就さんらが、現地を視察していたときのことだ。

味にもこだわりぬき、改良に改良を重ねた

「当時は“食べて応援しよう”と謳うチャリティーが主流。しかし、あれだけの甚大な被害から、一時的なチャリティーの力だけで立ち直るのは難しいと感じていました。東北であるなしにかかわらず純粋に求められる商品を生み出す必要があると思ったんです」

新たしい挑戦を

 そんななか、ふとした拍子に「缶詰って安いよね?」という話題が持ち上がった。

「日本の缶詰ってすごくヘルシーで美味しいのに、ほぼ100円台じゃないですか。一方で、セレクトショップや雑貨店に置いてあるヨーロッパのオイルサーディンは、1000円以上するものもある。それなら前者より美味しく、後者のようにおしゃれな缶詰を作れば、多少価格が高くても需要があると考えました」

 水産加工業の盛んな東北において、食材に選んだのはサバ。従来の水煮や味噌煮との競合を避け、新しさを打ち出すため、味はオリーブオイル漬けにすると決めた。

 これらのコンセプトをまとめ、製造を依頼しに向かったのが『岩手缶詰株式会社』。

 所長の佐々木桂三さんは、最初に話を聞いたとき、戸惑いを隠せなかったという。

「われわれも長く缶詰を作ってきましたが、一般的な価格より高い高級缶詰を売りたいと言われ“大丈夫?”というのが率直な感想でした。ただ、私たちも震災で工場が流されていましたし、何か新しい挑戦をしなければという思いでお引き受けしたんです」