大山隠岐国立公園の中心地

 都会から地方へのより良い移住モデルを目指している鳥取県。NHK『クローズアップ現代』や、『藤井フミヤの“惚れる山、大山”』などTV番組でも続々と特集されています。取り組む農作物は、あなたご自身でお選びいただけます。中国地方一の霊峰・大山と日本海に囲まれた、風光明媚な牧草地で、新たな物語が始まります。

 雄大な風景と自家製スイーツを提供する「古民家カフェ」の運営も構想中です。あなたのアイデアと熱意次第で、素敵なお店にすることが可能です。

 元々、因幡の白うさぎなど神話の舞台として日本のルーツはここにあります。名探偵コナンやゲゲゲの鬼太郎発祥の地として、海外からも注目されています。東は鳥取砂丘、西は縁結びの出雲大社、その間には「日本のハワイ」こと羽合温泉など名所旧跡は枚挙にいとまがありません。

 鳥取県大山町の永田農園で今回、人材を募集する大槻研農園主に意気込みをインタビューいたしました。

  ◇   ◇   ◇  

──CM版(製作:株式会社エンタメディア)を見ましたが、観光旅行に行ってきた気分になりますね。実際にはどのようなところですか?

大槻  永田農園は、大山と日本海の間に位置し、陽当り良好な丘の上にあります。交通アクセスは、JR駅(山陰本線下市駅)や高速IC(山陰自動車道赤碕中山IC・名和IC)・国道9号にも車ですぐと抜群です。広域農道にも面していて、これぐらいまとまった土地は希少だと思います。 

丘陵地帯の先には日本海が大きく広がります

──近年、山陰地方(鳥取県、島根県)への観光客が増え、話題を呼んでいますね。ここは松河原という場所になっていますが、「永田農園」は地名ではないのですね。沿革を教えてください。

大槻  祖父の永田信男が創業して、有限会社永田農場が牧場を営んでいました。終戦直後の日本は国土も荒廃して、食糧難でした。何とかしなくてはと、昭和20年(1945年)に開拓して和牛の繁殖を始めたのがルーツとなります。信男・正子夫妻の娘である母(地元・逢坂小学校卒)が、中学校教員を定年退職して後を継ぎました。

──そうすると、大槻さんが三代目なのですね。72年も続いていますが、ずっと和牛の飼育されていたのですか。昨年は、鳥取和牛が日本一(注:「第11回全国和牛能力共進会宮城大会」で鳥取県代表牛「白鵬85の3」が日本一に)になりましたね。

大槻  私自身は数年間在住して、牛100頭の飼育や子牛のせりなどに従事した経験があります。早稲田大学の法学部を出た後、そのまま早稲田の大学院で、農林水産省農政審議会委員のゼミで修士号を取りました。その間、長期休暇のたびに技術習得をしていきました。祖父が亡くなった後、東京大学農学博士である大叔父の勧めで、業態転換を始めたところです。

──それで、新たに人材を募集するわけですね。ご一緒するに当たって、具体的にはどんなステップを想定しているのですか?

大槻  農地をお貸しし、自由に農作物をお作りいただけます。総面積4ヘクタール(東京ドーム1個分)の中に我が家や当園の耕作地があります。無理なくお使いいただけるよう、区画をご相談させていただきます。

──そうすると、大山町に引っ越すということになるのでしょうか? 家はどうしたらよいですか。

大槻  そうなんです。いきなり永住というのは勇気がいります。一時移住ということで、空家だった住居をあっせんいたします。我が家は、隣家まで1キロ近くも離れていて、アメリカのドラマにあった「大草原の小さな家」といったところです。

牛舎。周囲には梨やブロッコリー畑が広がる

──なるほど、そうして自宅から通いながら、好きなように耕作するわけですね。どれぐらい居ればいいのですか。

大槻  期間は1か月以上からでお任せします。地元にとっては、良い方に永住していただくことほど嬉しいことはありません。ただ、お越しいただく方には人生プランがおありでしょう。うちを実験的に使って、成功に結びつけてほしいと願っています。

──独自に営んでいいとはいえ、農園の一員となるわけです。ここは譲れない、というものはありますか。

大槻  低農薬にはこだわりたいですね。大量に散布し過ぎると、隣地や後に続く方に影響が出てしまうのですね。

──農業未経験者のためにどのようなアシストを用意されていますか。

大槻  現地で県や農協の営農指導を受けるプランを設定します。専門的な研修までは義務ではありません。また、専業農家として、全ての時間を費やす場合ではない時には、兼業農家としての働き口もお引き合わせします。

  ◇   ◇   ◇  

◆里ごよみ(歳時記)

4月 作付け(植え付け・種まき)
5月 草刈り
6月 牛舎などの補修(台風対策)
7月 収穫(いちじくetc.)
8月 大学生インターンの受け入れ
9月 収穫(栗etc.)
10月 加工(ジャムなどの製品化)
11月 販売(地元の販路)
12月 販売会(大消費地)
1月 海外展開(輸入作物の交渉、ハワイ・カナダ・姉妹都市テメキュラ市)
2月 仕入(種苗・土壌・肥料)視察(パイロットファーム、友好都市呉市など)
3月 決算書作成(農業所得)土作り(雪解けとともに)

<応募方法>

 ご説明の面談を随時行っております。下記連絡先にご一報くださいませ。そこでご共鳴いただければ履歴書をご提出ください。採用面接(1回)に移らせていただきます。

農園所在地

〒689-3132 鳥取県西伯郡大山町松河原1271-6
(JR山陰本線下市駅、山陰自動車道赤碕中山IC・名和IC 道の駅『大山恵の里』から車で各7分)

連絡先

永田農園東京事務所
〒150-0002 東京都港区渋谷2-7-13 ネオメット青山3階
TEL&FAX 03-6273-8930
メール nagatafarm30@gmail.com

関連情報リンク

《「藤井フミヤの“惚れる山、大山”」番宣2編》
BSS山陰放送(キー局TBS)制作 2017年10月8日OA

《NHKクローズアップ現代 鳥取への移住が取り上げられました》
2015年12月9日OA

《アンテナショップ 食のみやこ鳥取プラザ》
東京都港区新橋一丁目11番7号 新橋センタープレイス1・2階

《お帰りは日本のハワイ、はわい・東郷温泉へ》