舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第26回は多和田秀弥さんが矢田悠祐さんを指名! 『』本誌(2018年2月6日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から矢田悠祐、多和田秀弥 撮影/廣瀬靖士

『テニミュ』は2年間もう1回学校に通っているみたいな感じだった

──ミュージカル『テニスの王子様』といえば、稽古前の合宿が有名ですが当時のことで思い出すのは?

矢田 コーチが日本代表を教えているような人で、その練習メニューをプロ選手じゃない僕らがやるんでホントにキツイんですよ。

多和田 コンビニまで30分くらいかかるような山奥に2泊3日して。縄跳びとかもやったよね。後ろ二重跳び50回を失敗したら最初からとか。

矢田 あったな~。前跳びは1000回で後ろ跳び500回。

多和田 前二重跳びは100回。

矢田 そうそう。

多和田 縄跳び普通にしんどかったもん。

矢田 スポーツ用品店で売ってるアシックスのやつみたいな、本格的な縄跳び買って持ってって。

多和田 縄跳びが最初やったから、みんながこの先思いやられるって(笑)。どれも大変なメニューでしたけど。そこで完全にチームの距離は縮まりましたけどね。

矢田 うん、懐かしいな。だたもうやりたくはないな(笑)。

多和田 みんな行きたくないって言うと思う(笑)。

──2人にとってミュージカル『テニスの王子様』はどういうものでした?

矢田 2年間もう1回学校に通ってるみたいな感じ。男子校みたいな。

多和田 そうやね。いつもワイワイしてて。

矢田 青学(せいがく)も12人いたんで誰かしらうるさかったし。

多和田 でも切り替えはちゃんとできてたよね。公演が始まる前に絶対、歌のハモリの確認をみんなでしたり。その5分前までウエ~イとかやってても、ちゃんとそこではみんな集まって。