小室哲哉
普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します! 男女のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)! 数字はウソをつきませんよ♪

安室奈美恵を筆頭に、名だたる“ファミリー”が!
心に残るTKサウンドランキング

 先日、惜しまれつつも引退を発表した小室哲哉さん。騒動は週刊誌報道のあり方に疑問を投げかけ今も論争のまっただ中ですが、90年代に青春を謳歌していた女子の皆さんにしてみると、いわゆる“TKサウンド”とともに当時の思い出がありありと脳裏に蘇ることでしょう。

 そこで、30〜40代の女性200人を対象に、心に残る曲についてアンケート調査を行いました!(アイリサーチ調べ)

■心に残る、小室哲哉プロデュース楽曲といえば?
(全20項目から1位3pt、2位2pt、3位1ptで算出。「特にない」を除く)

1位「CAN YOU CELEBRATE?」(安室奈美恵)252pt
2位「恋しさと せつなさと 心強さと」(篠原涼子 with t.komuro)105pt
3位「DEPARTURES」(globe)102pt
4位「I’m proud」(華原朋美)98pt
5位「SWEET 19 BLUES」(安室奈美恵)57pt
6位「WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント」(H Jungle With t)48pt
7位「FACE」(globe)46pt
8位「Chase the Chance」(安室奈美恵)41pt
9位「Don’t wanna cry」(安室奈美恵)34pt
10位「survival dAnce ~no no cry more~」(TRF)23pt
11位「You’re my sunshine」(安室奈美恵)22pt
12位「Can’t Stop Fallin’ in Love」(globe)21pt
13位「a walk in the park」(安室奈美恵)19pt
13位「BOY MEETS GIRL」(TRF)19pt
15位「I BELIEVE」(華原朋美)16pt

 1位はダントツで、安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」! 折りしも昨年引退を発表しただけに、彼女の代表曲が1位を取ることも頷けますよね。そして2位は、今や大女優の貫禄の篠原涼子が歌う力強いナンバー「恋しさと せつなさと 心強さと」。

 安室奈美恵以外の名だたる小室ファミリーを抑えてのランクインだけに、今なお第一線で活躍している人は、記憶に残りやすいのかもしれません

 ランキングを見渡してみると、15位中、安室奈美恵が6曲を占めており、その存在の大きさをうかがい知ることができます。そして、globe、TRF、華原朋美もチラホラ。90年代に一世を風靡したミューズの歌声は、今なお耳に残っていることがわかりました

 めずらしいところでは、6位のH Jungle With t。言わずとしれたダウンタウンの浜田雅功とのユニットです。これまた当時は大人気でしたね。ダウンタウンの冠音楽番組『HEY!HEY!HEY!』(フジテレビ系)とともに、筆者もよく覚えています。

 ちなみにこういった調査では、「特にない」が多くの場合1位になるのですが、この調査ではごくわずか。皆さん何かしらお気に入りの曲があるご様子。そして小室哲哉という存在がいかに愛されているかがわかりますよね