松山ケンイチ、深田恭子 撮影/廣瀬靖士

 妊活する夫婦を描くドラマ『隣の家族は青く見える』で共演中の深田恭子(35)と松山ケンイチ(33)。’12年に放送された『平清盛』以来の夫婦役だけに息はピッタリ!?

深田「前回は大河ドラマということもあり、夫婦といっても清盛と正室の時子の関係は、時子が殿である清盛を遠くから見守っている感じでしたね」

松山奥ゆかしい関係でしたよね。根っこではつながっているけど、表だってチュッチュするような関係ではなかったので(笑)。今回は言いたいことを言い合える関係性ということもあり、深田さんとコミュニケーションをとる時間も増えました」

 よりリアルな夫婦感を出すために、撮影中は手をつないだりして積極的にコミュニケーションを図っているとか。

松山「普通にやったらセクハラになることでも、夫婦だったら当たり前(笑)。ちゃんとつながっているからこそ、表現できるものって何だろう……と思いながら現場に臨んでいます」

深田「松山さんが距離感を近づけるためにたくさんお話をしてくれるのですが、人が思いつかないようなことをおっしゃるので、現場ではいつも驚いてばかりですね(笑)」

松山「自分では、驚かすつもりはまったくないんですけど(笑)」

 共演して印象は変わりました?

松山「一緒にお仕事させていただいて感じたのは、深田さんは自分の中でのルール、主義がある大人の女性という印象」

深田「松山さんは役柄によってものすごく雰囲気が変わる方。『平清盛』のときは抱えているものが大きな“殿”の役だったので、気軽にお話できる雰囲気ではなかったのですが、今回は夫婦の悩みに向き合う役ということもあって、特に優しく接してくださいます。だからお会いするたびに、こんな一面もあるんだと毎回新鮮です」