カウントダウンライブでは、ともに人気舞台の座長として、夢のコラボを実現させた高崎翔太と橋本祥平。仲のよさをうかがわせる絶妙な掛け合いと、その先に目指す新たなステージへの思いを聞いた。

左から橋本祥平、高崎翔太 撮影/伊藤和幸

──実はいじられキャラの橋本祥平に、愛あるツッコミで切り込む高崎翔太。そんな息もピッタリの2人が、冬のディズニーでの取材に協力してくれた。ともに初というディズニーロケの感想は?

橋本 ディズニーは高校生以来なので、楽しみで眠れなくて……。

高崎 うそつくなよ(笑)。そんな、遠足前日の小学生みたいな。

橋本 いや、本当なんだって! 翔太くんはプライベートでも気の許せる相手なので、一緒に仕事できるのが楽しみだったんです。

高崎 僕が楽しかったのは、ショーを間近で見られたこと。お客さんを巻き込んで何かやるって、すごいことだと改めて思った。

橋本 うん。僕らも舞台では、歌いながら客(席)降りしたりと、ファンサービスをするけど、今日は自分がお客さん側になって、ワクワク感をもらったよね。演じている僕らが心から楽しまないと、お客さんにも伝わらないんだって痛感しました。

高崎 勉強になったね。

──東京ディズニーシーでは、初のピクサーのイベントを開催中ですが、好きなピクサー作品は?

橋本 『トイ・ストーリー』、特に「3」のラストの切なさはダントツです。あれを見てから、おもちゃを捨てられなくなりました。

高崎 うそですよー。取材のときだけ、いい子ぶるんですから。

橋本 違うって、本当にそのくらい感動するから! 今日も(トイ・ストーリーの)バズたちと一緒に、おもちゃになってゲームするというショーを体験したので、おもちゃの気持ちに近づけたはずです!

高崎 僕は『インサイド・ヘッド』だな。大人が見ても、自分の内側に深く目を向けて、考えさせられる作品だと思います。

橋本 ショーでは(インサイド・ヘッドの)カナシミに会えたね。

高崎 そうなんだよね。映画だと足を引っ張るキャラクターなんですけど、ショーでは僕らのほうに、まさにファンサービスに来てくれて、大好きになりました。

橋本 あの感じって、アニメのキャラクターに現実に会えるから感動するわけでしょ? ってことは僕らも(2.5次元の)舞台ではお客さんに「本物に会えた!」って思ってもらえてるのかな?

高崎 いやいや、僕らはまだまだでしょ(笑)。