“オトナ女子”に好感度! 瀬戸、6キロ減量で役作り

『海月姫』(フジテレビ系 月曜夜9時~)は“女の子は誰だってお姫様になれる”をテーマに描く、新感覚シンデレラ・コメディー。東村アキコ原作で、昨年11月に完結した累計発行部数440万部超の同名人気コミックをドラマ化。

(c)フジテレビ

「若い方向きの原作ですが、30代、40代の上の世代からも“ハマった” “オンエアが待ち遠しい”などのご意見をいただいています。ラブストーリーの“月9”らしく、バックハグなどの恋愛要素、地方から出てきた素朴な女の子の成長物語などの要素も盛り込んだからでしょうか」

 と、編成企画の渡辺恒也氏。

 月9初主演の芳根京子が、亡き母(小雪)との思い出からクラゲオタクになったヒロイン・倉下月海(つきみ)役を演じる。月海は、イラストレーターを夢見て上京。男子禁制アパートでオタク女子軍団と共同生活をしていたが、ひょんなことから女装美男子の鯉淵蔵之介(女装時は蔵子)と出会う。そして、蔵之介の弟・修(しゅう/工藤阿須加)に一目惚れ。蔵之介は、月海を美しい女子に変身させて、恋を応援するうちに、月海に興味を抱くようになり──。

一目惚れ同士の月海と修だが、2人の恋は波乱だらけ。(c)フジテレビ

「芳根さんをはじめ、主要メンバーのキャスティングには、迷いがありませんでした。芳根さんは、監督からの“思い切って演じて”に応え、現場ではどんどんアイデアを出してくれています」(渡辺氏、以下同)

 初回放送後から反響を呼んでいるのが、瀬戸の女装姿。瀬戸は6キロも減量して臨んでいる。

「顔の美しさ、女装の見栄えもさることながら、いろんなタイプの役柄を演じ分けられる、瀬戸君の芝居への信頼感からオファーしました。

 蔵之介が女装するのはファッション業界への憧れもありますが、自己表現。政治家の父(北大路欣也)への反抗の鎧(よろい)や、複合的な理由によるもの。性格も“おネエ”ではないし、二重人格でもありません。月海を男性として気にはなっているけれど、月海と弟の修の恋を応援するときは、月海の女友達のような立ち位置。複雑な役ですが、瀬戸君は原作を読み込み、何度も打ち合わせをして、役作りしていますし、今では、蔵之介を誰よりも理解していると思います」