ジャニーズやK-POPをはじめとした、日韓のアイドルの応援を日々の生きがいとし、気づいたらとある現場でトップヲタクになっていた<男子>大学生・あくにゃんのコラム。
イラスト/びーえいち

『24時間テレビ41』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーにSexy Zoneが抜てきされました。

 いやぁ~、おめでとうございます! ここに来て、初挑戦の彼らに任せるなんてナイスジャッジすぎますね。

 中島健人氏が、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の新レギュラーに決まるなど波に乗る彼らですが、ネットでは知名度や経験のなさから不安の声も上がっています。

 今回は、男子大学生から見たSexy Zoneの強みや良いところを見ていきたいと思います。

〈第十声〉
セクゾだけが持つ“史上最年少”の強み
~マリウス葉氏は3月で18歳~

 まずは、本当におめでとうございます!!!!

 私がジャニーズを本格的に追うようになって、初めてデビューしたグループが彼らなので、個人的に思い入れが強く大変うれしく思います。

 Sexy Zone(以下:セクゾ)は2011年にデビューした男性5人組によるユニットで

 その顔の美しさから「顔面人間国宝」とも称される佐藤勝利氏をはじめとし、

 握手会で靴が脱げてしまったファンに「大丈夫シンデレラ!?」って言っちゃう王子様・中島健人氏、

 髪の毛をピンクにしてみるなど見た目はチャラいながらも実は高学歴な菊池風磨氏、

 ドイツのハイデルベルク出身、そして史上最年少デビュー記録を持つマリウス葉氏、

 バラエティでは必ず爪痕を残しつつ、8か月かけてバク転を習得していた努力家・松島聡氏と、かなり個性豊かなメンバーがそろっています。

 また、グループ名が中国語表記だと、「性感地帯」になることがネットで話題にもなりましたが、デビュー当時かなりインパクトを与えるネーミングセンスでした。

 メンバーのマリウス葉氏は、現在まだ17歳ですが、24時間テレビのころには18歳になり働ける時間に制限がなくなるということで、満を持してのメインパーソナリティーに抜てきのようにも感じられます。

 セクゾは、意外とバラエティ対応がうまいと私は以前から感じていました。

 一時期、彼らがロケで好き放題する様子がネットで話題になった時、セクゾっておもしろいんだなぁとしみじみ感じました。

 年下組が、天真爛漫に騒ぐのではなく、中島健人氏、菊池風磨氏の年上2人が、年下組を困らせている様子がおもしろかったです。中でもマリウス葉氏の独特なテンポと天然具合、そして菊池風磨氏の機転の利き方は、ジャニーズでもトップレベルだと思います。

 今回のパーソナリティー発表の瞬間も、「スタッフってそういうリアクションほしいよなぁ」というようなリアクションをちゃんと菊池風磨氏がとっていたことから、番宣でバラエティに出演する際には、ハジけてくれるんじゃないかなぁ……とかなり期待しています。

 ほかにもマリウス葉氏の母親が宝塚歌劇団の出身だったり、菊池風磨氏の父親が嵐のデビュー曲を作詞していたり、興味関心を持たれるフックがあることは、バラエティでも使いやすそうです。