深夜からプライムに! おじさんドラマの続編

 昨年、深夜ドラマに登場した『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』。その続編、『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』が2月7日にスタートする(テレビ東京系 水曜 夜9時54分~)。テレビ番組に贈られる数々の賞を受賞し、業界内視聴率30%と言われた話題作が、プライムタイムに“昇格”放送。

(c)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会

 制作、監督を手がけたドリマックス・テレビジョンの浅野敦也プロデューサーによると、

「“バイプレイヤーズ”をやっていると言うと、業界内の人は目の色が変わり、“出たい”“うらやましい”“(名優たちを)よく集めたね”と。視聴者の方からはSNSを中心に、“おじさんたちがかわいい”などの反響がありました」

 主人公は遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研(あいうえお順)。日本の映画、ドラマに欠かせない名脇役の5人の“おじさんたち”全員が主演。引っ張りだこの俳優たちだが、誰もがスケジュールを調整しつつ、出演料度外視で快諾。ゲストも、この5人との共演に喜んで引き受けてくれるそう。

「前作の打ち上げのときから、大杉さんが続編に意欲的だったこともあり、今作の制作が決まりました。深夜からプライムタイムに移りましたが、おじさんたちの“ゆるシブ、わちゃわちゃ”な感じは健在。いや、むしろ、さらにゆるさを増しています(笑)」(浅野P、以下同)

 遠藤、大杉、田口、松重、光石の5人は、テレビ東京がスタートさせる、朝ドラ『しまっこさん』で共演することに。ところが、ロケ地を間違え、無人島に漂着。南の島でのサバイバル生活をするハメになる。朝ドラのクランクインと同時に始まった無人島生活。はたしてバイプレイヤーズは、朝ドラは、どうなる!?