舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第27回は矢田悠祐さんが三浦宏規さんを指名! 『』本誌(2018年2月20日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から三浦宏規、矢田悠祐 撮影/廣瀬靖士

稽古が早く終わっても、遅く終わっても餃子を食べに

――おふたりが始めて共演したミュージカルコンサート『恋するブロードウェイ♪』の稽古や公演中で印象深いことは?

矢田 面白かったのが(笑)、’15年の1回目の公演のときは(三浦さんは)16歳ですよ。まだ『テニミュ』(ミュージカル『テニスの王子様』)にも出てなくて、全然、なんていうか……。

三浦 うぶな?(笑)

矢田 そう、うぶな少年が『テニミュ』を経て、’16年の2回目の『恋ブロ』の舞台に帰ってきたときに、なんか若手俳優っぽくなってた(笑)。

三浦 アハハハハ!

矢田 別に生意気になったとかそういうことじゃないんですけど、なんかいろいろこなれてて(笑)。

三浦 それ当時から言われてて、なんかちょっとショックで(笑)。

矢田 悪い意味じゃなくて、面白いな~と思って(笑)。

三浦 ハハハハ!

矢田 2回目の公演のときは、稽古場でやたら過ごしやすそうにしてたな。『テニミュ』でキャーキャー言われて、自信つけて帰ってきはったんで(笑)。

三浦 やめてくれよ~!(笑)

矢田 (笑)。自分でも魅力に気づいたんやなって。

三浦 うわっ、この目線怖いですね~(笑)。

――三浦さんが印象深いことは?

三浦 2回目の稽古のときは、餃子も食べに行きましたよね。

矢田 稽古場の近くにあった餃子の店。稽古終わりにほぼ毎日行ってたな(笑)。

三浦 稽古が早く終わっても餃子、遅く終わっても餃子って感じでしたね。

矢田 ずっと一緒やったな。

三浦 でも夜遅くまで餃子を食べてたとしても、次の日、余裕でホントにしっかり歌うまいんですよ。

矢田 餃子関係ないし(笑)。しんどかったよ俺も。夜更かししたときは(笑)。

三浦 (笑)。でも、僕はずっと危機感を持ってましたね、この舞台のときは。なにもかも一番ヘタくそやったからっていうのはありますね。