金正恩・朝鮮労働党委員長

 韓国・平昌で9日に開幕した冬季五輪は、競技外の話題もにぎやか。強烈な寒波の影響もあって夜間に氷点下20℃を記録するなど尋常ではない寒さが続いているほか、開会式では韓国・北朝鮮の選手団が軍事境界線のない朝鮮半島を描いた統一旗を掲げて合同入場行進するなど“南北融和ムード”を演出した。

 開幕前から「合同入場行進が最も感情に訴える瞬間になる」などと関係改善を期待していた国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長も、さぞ満足していることだろう。

 五輪は“平和の祭典”だから結構なことである。しかし、北朝鮮の指導者・金正恩氏の動向を追うと、素直には受け止められない。

五輪の政治利用に反応するトランプ氏

 朝鮮半島情勢に詳しい『コリア・レポート』の辺真一編集長は、「金正恩氏は五輪を政治的に利用しています」と述べて次のように指摘する。

「北朝鮮は、米国が手を出せないように韓国と融和ムードを高め、国家のナンバー2である金永南・最高人民会議常任委員長を団長とする代表団を派遣しました。

 韓国を抱き込んで、米韓関係に亀裂を生じさせる狙いです。韓国を盾にするつもりなんです。そんなことは見え透いているのでトランプ氏はペンス米副大統領を五輪に送り込み、北朝鮮を牽制する動きをみせています」(辺編集長)

 ペンス氏は、北朝鮮に拘束されて解放後に亡くなった米国人大学生オットー・ワームビアさん(当時22)の父親を五輪開会式に同行させ脱北者とも面会する予定。北朝鮮の魚雷によって沈められた韓国の哨戒艦の船体も視察する。

 米国側は、五輪期間中にあえてこのようなスケジュールを組んだわけだから、北朝鮮が演出したい南北融和ムードに冷や水をぶっかけたい意向ははっきりしている。