遺棄現場の容疑者宅は塀で囲まれ、木々が生い茂っていた

「若いころは小柄ながらスラッとしている美人。服もおしゃれで、いいところのお嬢様のようなオーラがあった。気安く声をかけられるような雰囲気ではなかったですね」

戸籍上は生存者

 古参の近隣住民がそう記憶をひも解くのは、無職の小池淺江容疑者(78)の人となり。今から22年前、愛知・豊川市の自宅で夫を殺害したとして1月31日、愛知県警捜査1課と豊川署に逮捕された女だ。

 小池容疑者は昨年1月22日未明、自ら豊川署に通報した。「家の中に夫の遺体がある」

 駆けつけた捜査員が押し入れの奥の衣装ケースから発見したのは、白骨化した遺体だった。1996年3月20日ごろ、小池容疑者は夫の尭(たかし)さん(当時59)の頭部を包丁で刺すなどして殺したという。

 尭さんの姿を知る近隣住民は、すでにいなかった。

「ただ10年以上前ですが、小池さんのご主人が行方不明になったということは、近所でうわさになっていました」

 そう証言した近隣の女性がいただけだ。

 殺害当時、小池容疑者は勤務先を退職した尭さんと2人暮らし。失踪届も死亡届も提出されず、戸籍上は生存者。

「2016年12月に、自宅を訪ねました」

 同市役所介護高齢課の担当者はそう明かす。

「満80歳のとき、数え年で88歳のとき、そして100歳以上の市民には毎年、市から敬老金が支払われます。原則、本人が受け取るものでして、受け取る意思があるか確認のために訪問しました」