宮田和弥 撮影/佐藤靖彦

 原宿ホコ天での爆発的な人気からメジャーデビューへ。メンバーが出演したCMソング『歩いていこう』が大ヒットし、史上最短記録でアーティストの憧れのステージ“武道館”に立った。その後も『白いクリスマス』『START』と誰もが知るヒットソングを生み出してきたJUN SKY WALKER(S)。今年、デビュー30年という節目の年を迎える国民的バンド“ジュンスカ”が、いちどは解散を経験しながらも走り続ける理由とは――。

高校1年で「俺たちは絶対これでプロになる」

 ポジティブな歌詞にストレートなビート。袖丈のだぶついたロングTシャツに細身のブラックジーンズ。足元は、ラバーソール。ホコ天出身のバンドとして時代のアイコンとなったジュン・スカイ・ウォーカーズのボーカル、宮田和弥(52)。今年、記念イヤーを迎える宮田がロックと出会ったのは中学生のとき。1学年先輩の森純太(ギター)や同級生の小林雅之(ドラム)に誘われたことで、ジュンスカが始まった。

「高校1年生のときだったかな。森くんが“俺たちは絶対これでプロになる。プロになる意志がないなら辞めてくれ”って言ってね。人気があったわけでも、うまかったわけでもなかったけど、がむしゃらだったし、ライブにかける情熱みたいなものは強かった。対バン(同じライブハウスで、複数のアーティストが競演すること)では負けない! って、いつも思ってました。でも、実際はお客さんが3~5人なんてことも多くって。だからホコ天に出たんです

ホコ天時代の1枚。左から2人目の伊藤に代わり寺岡が加入

 最初は5組ほどのバンドしかいなかったホコ天だが、ブームの到来で、全盛期は100組ほどが賑わしていた。なかでも、ずば抜けた人気を集めていたジュンスカにレコード会社から声がかかり、1988年にメジャーデビュー。ザ・ブルーハーツ、ユニコーン、ザ・ブームらとともにバンドブームを牽引(けんいん)した。