モニターチェックをする真剣な眼差し 撮影/佐藤靖彦

 それは、あまりにも突然だった─。

「2月21日の午前3時53分、急性心不全で亡くなられました。前日の20日もドラマ撮影に参加しており、いつもと変わらない様子だったそうです」(スポーツ紙記者)

 撮影していたのは『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(テレビ東京系)。

「20日の撮影後に、共演の松重豊さんたちと夕食をともにし、ホテルの自室に戻ったあと、腹痛に襲われたそうです。

 大杉さんら主演5人は、LINEのグループでつながっており、大杉さんがそこに“具合が悪い”と書き込み、異変に気づいた松重さんがタクシーで病院に連れて行きました。懸命の治療が施されましたが、ほかの主演4人と妻、事務所関係者、一部スタッフなどに看取られたそうです」(同・スポーツ紙記者)

 グループLINEや最期の様子からもわかるように、大杉さんや松重、そして遠藤憲一、田口トモロヲ、光石研の主演5人の絆はとても強かった。

「'17年に放送された前作『バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』は業界内外で評判を呼びました。

 今クールでパート2が放送となりましたが、“パート2を同じキャスト、同じスタッフで”と望んだのは、ほかならぬ大杉さんだったそうです。

 “代わりはいない”という考えから、代役は立てず、遺族の理解も得られたので、最終回までの残り2回も予定どおり放送することが決定しました」(テレビ局関係者)

 各界から哀悼の声が聞かれたが、芸能界以外で特に多かったのが、サッカー界だ。

「学生時代、サッカー部だった大杉さんは、地元・徳島県のサッカークラブ『徳島ヴォルティス』の大ファン。

 スタジアムにも直接、足を運ぶほどの熱の入れようでした。関東圏で行われる試合には、よくバスや電車に乗って、おひとりで訪れていましたよ」(サッカーライター)

サッカー漫画に寄せたメッセージ(『月刊ヒーローズ』公式ツイッターより)

 今回の訃報には、ヴォルティス以外のクラブ、選手からも哀悼のメッセージが相次いだ。

 芸能人の訃報に、サッカー選手やクラブがこれほどメッセージを出すことは例を見ない。

大杉さんは、招待券や特別席を提供されることも多かったそうですが、それを受け取ることはなく、あくまでプライベートで応援しているからと、熱狂的なファンが集うゴール裏のチケットを自分で取り、ときには立ちっぱなしで応援していました。

 そういった彼の姿勢が、ひいきクラブ以外のファンや選手の尊敬を集めた理由だと思いますね」(同・サッカーライター)