美智子さまが堀口さんの『虹の館』を読んだことでご交流が始まった

「毎年、この時期に両陛下は葉山にいらっしゃるので、私も都合が合えば、いつもお迎えさせていただいています。

 今回も、おふたりをお待ちしていて美智子さまも窓を開けて応じていただいたのですが、どことなく元気がなさそうに感じました」(地元住民)

 2月19日、天皇・皇后両陛下は静養のため、葉山御用邸に入られたのだが、美智子さまの表情は少しお疲れのご様子だったという。

2月という寒い時期ですので、お身体にこたえたでしょうし、眞子さまのご結婚が延期されたことも関係しているかもしれません。

 美智子さまは初孫である眞子さまをとても可愛がっていらっしゃいましたから。

 美智子さまはご養蚕をお手伝いなさる眞子さまに“さすがは内親王ね”とお褒めになっているほどです

 そう話すのは、皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさん。

 2月6日に突如発表された眞子さまと小室圭さん(26)の'20年までの「結婚延期」。

 初孫の前代未聞の事態に心を痛めた美智子さまだが、葉山を訪れた初日には“サーヤ”と再会されていたのだ。

“サーヤ”との再会

17年前、私がまだ3歳だったころに御用邸裏で両陛下とお会いしたことがあって

 そんな思い出を語ってくれたのは、埼玉県在住の大学生・ミラー紗亜耶さん(20)。

 今回も、両陛下が御用邸裏の海岸を散歩されるのを待っていたそうで、

「当時はまだ子どもで、ほとんど記憶が残っていませんが、その場に咲いていたスイセンを陛下に勝手に手渡してしまったそうです。

 でも、陛下は快く受け取ってくださり、その花を美智子さまがお部屋に飾っていただいたと聞いたんです。直接、そのお礼を言いたくて御用邸まで来ました。

 そのときのことをお話しすると、美智子さまは覚えていらっしゃって、“成人おめでとうございます。お幸せにね”とおっしゃってくださり、感動して涙が出てしまいました」(ミラーさん)

 両陛下の長女・黒田清子さん(48)のニックネームと同じ“サーヤ”との再会は、美智子さまのお心を温かくしてくれたことだろう。

海を眺めながら葉山御用邸付近を散策された(2月19日)