卒業式で胸を張って堂々と歩く雄貴さん=1日、大槌高校で

 春の嵐が吹きつけた朝。岩手県・大槌町の千葉雄貴さんは県立大槌高校を卒業した。やや緊張ぎみの表情だったけれど、卒業証書を受け取ると堂々と胸を張って式場の体育館をあとにした。

父に東京行きを告げた

卒業式、父の孝幸さんと

 友達から、

「卒業しちゃったな」

 と声をかけられ、

「そうだな」

 と短く答えた。

 この春、東京に出る。2年制の専門学校でアニメーターを目指す、という。

父に“思い切って東京に行ってみようかな”と話したのは高校3年の初めでした。1年のときは岩手県内の専門学校に行くことを考えていましたが、宮城・仙台もいいなって。

 いっそ東京に行こうか、とオープンキャンパスに参加したら設備や教育環境がすごかった。担任の先生に相談したら“どうせ行くなら最先端の学校にしたほうがいいんじゃないか”とアドバイスされ、寮生活でお金はかかるけど、どうしようかと父に聞いたんです

 と雄貴さん。

 父・孝幸さん(52)の答えは、「先生と2人で相談して決めればいい」だった。

中1のとき、仮設住宅で孝幸さんと。洗濯など家事を手伝うことも

 震災は雄貴さんの家族を奪った。母・峰子さん(当時32)、弟・一世くん(同1歳5か月)、祖父・兼司さん(同75)、祖母・チヤさん(同73)が津波にのまれ、母親の遺体はまだ見つかっていない。

 この7年間、父子ふたりで暮らしてきた。弟を可愛がっていた雄貴さんは震災直後、一世くんの誕生日には写真を立てかけて誕生会を開き、孝幸さんと一緒に祝った。小遣いでプレゼントも買った。

「よけいに寂しくなるので中3のときにやめました。そんなふうに確認しなくても、いるよねって思うんです」